さあ告別式

7月17に亡くなった森孝慈先輩のお通夜には700人以上の方々、150以上のお花が、弔電は一人では持ちきれないぐらいの多さが集まった。
森さんの人柄がしのばれるお通夜だったし、たくさんのサッカー関係者が係員で接待に当たった。

オラもア式の学生の皆さんと同じように、案内係としてプラカードを持った。
大事なお役目だったと思うし、ほんとにうれしいことである。
真夏だというのに、この日は暑くもなく、爽やかな一日だった。
今朝もお天気は最高なんだが、涼しそう。
森さんが好きで好きでやまなかった野辺山のような気候みたいな感じがする二日間。
不思議だと感じてしまう。

オラは実は森さんの納棺にも、親戚の皆さんと同じように、立ち会うことができた。
早稲田サッカー関係者でオラ一人だけ、うまいぐあいに立ち会えた。
五光牧場の吉澤さんと二人して。
ほんとにほんとにうれしかった。

森さん重かった!
だから余計残念なんだがよ。

さあ、今日は本番の告別式だ。
みんなして明るく盛り上げられたらいい。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/15983104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2011-07-22 06:32 | 昔の仲間シリーズ | Trackback | Comments(0)