日本一に向けて負けられない戦いが続く!かぁ。

ア式主務東郷クンからのメール
以下の通り
.............................................................................
各位


この度は、本日行われました関東リーグの結果をご報告いたします。
       
<第85回関東大学サッカーリーグ前期>             
第9節          
6月25日(土) 対 流通経済大 @古河サッカー場
13:50キックオフ 

早稲田大学 1(1-0, 0-1)1 流通経済大学
得点者: 近藤
交代: 72分 32近藤→6山中
  78分 14白井→10奥井
     86分 11小井土→23榎本   


次節の関東リーグは、一時中断期間を設け、9月より再開予定です。
次の試合は、6/29(水)に行われる第62回早慶サッカー定期戦となります。

今後とも、ご支援ご声援の程どうぞよろしくお願い申し上げます。

【順位表】※6/18終了時点、()は勝ち点
1 早稲田大(16)      7 神奈川大(10)
2 流通経済大(15)    8 青山学院大(10)
3 筑波大(14)       9 専修大(9)
4 順天堂大(13)     10 国士舘大(6)
5 慶應大(13)      11 駒澤大(6)
6 明治大(11)      12 中央大(6)



メンバー
     9富山 11小井土
14白井 5島田 7柿沼 32近藤
17三竿  25福田 4畑尾 3菅井
        1赤堀



今日の相手は、現在2位の流通経済大学。
前期リーグ戦中断期間前の大事な天王山となった。

~前半~
両チームなかなかシュートまで持ち込めず、大きな動きのない立ち上がりに。
中盤になって26分の近藤貴のシュートなど、早稲田の攻め込みが徐々に目立ちはじめる。
迎えた42分。富山のスルーパスから近藤貴が左足を振りぬき、欲しかった先制点を奪う。
その後は、ほぼ相手に攻撃の機会を与えないまま1-0で試合を折り返す。


~後半~
立ち上がりは早稲田の積極的な攻撃が目立つ。
しかし、14分。早稲田のFKが壁に阻まれ、カウンターを狙われる。
1度は素早く戻ったDF陣が対応するも、その流れから15分に同点に追いつかれてしまう。
それでも何とか立て直したい早稲田は、直後の17分に島田のコーナーキックをきっかけに畑尾がヘディングでゴールを狙うが惜しくも得点ならず。
その後1点を皮切りにペースを掴んだ流経の攻撃が続き苦しい時間帯となるが、守備陣が対応し追加点は許さない。
後半33分には、途中交代で復帰を果たした奥井の攻撃参加など、最後まで諦めずに流経ゴールに立ち向かうが得点には至らず。

結局試合は1-1のドロー。首位を守れるか否かは明日の筑波vs明治の結果次第ということになった。
早慶戦、総理杯本戦とタイトなスケジュールとなるが、日本一に向けて負けられない戦いは続く。


<今後の試合予定> 
○第62回早慶サッカー定期戦
  6月29日(水) vs慶應大学  19:00Kickoff @国立競技場
JR「千駄ヶ谷」駅より徒歩5分
JR「信濃町」駅より徒歩5分
都営大江戸線「国立競技場」駅より徒歩1分


ご声援の程よろしくお願い致します。

...........................................................................................
いやぁ、オラはおもわず唸ってしまった。
ていうか、なんといい耳障り、
なんというマシュマロのようなお言葉、
そして鳥肌さえも実感できる、それは「日本一」ということば。

たまらんよなあ!
シーズン出足では「今年はヤバい」ということばを何度も聞いた。
それが今では、主務の東郷クンでさえもおもわず文末の締めくくりとして書いてしまった「日本一」

頼むでぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!喝!!勝つ!!!

いい夢見させてくれてありがたい。
by gsfc_aoshima | 2011-06-26 06:16 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/15832004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 県リーグ第2節 今週末は >>