背番号24

鹿島学園の後藤大地から「背番号24もらいました」とのメール有り。1年生ではあるがやっと間に合ったかと云う感じずら。もっとはやく登場してくるかとおもっていたほどの逸材だから、ちょっと遅いんでねえのとも思っていた。

高校選手権1月2日埼玉スタジアムのピッチになにがなんでも立ってくれたら、またいっそうの飛躍ができると思うし、たとえ試合に出られんでも、ピッチの上で感触をつかみ、グランドの中から観客席をみることがどれほどの感動を生むか、感じ取ってもらいたいもんずらよ。

大地の特長はフィジカルの強さに支えられたヘディングの高さと独特な左足のキックである。
昨年の今頃、中学生としては脅威の高さがあった。空中で止まっていた。
左足のキックはステップが小さく、振りも早いので一瞬のすきまでパスが出来る。
足もそこそこはやいのでどちらかというと相手をなぎ倒して前にいくタイプであろう。
ただ止まったときの足下はけっしてうまいとはいえないが、こんならもんは練習でいくらでも、うまくなると思っている。
高さや速さはどうにもなんないんでひたすらいい所をのばしてくれたらと思う。
国見のスタミナ、フィジカルの強さは圧倒的である。茨城の決勝をみた限りではそうとうしんどいと思われるので、大地にも出れる目はあるかもしれん。ひいき目かもしれんが直助だったら、来年、再来年の事考えるとデビューさせるだら。

国見戦は違った意味でも期待している。渡邊千真が出てくるわけでこれも楽しみのひとつである。
by gsfc_aoshima | 2004-12-28 05:14 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/1549201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 元旦決勝のチケット 本年最後の練習 >>