関東大学第2節は?

ア式主務東郷くんからのメール
以下の通り
.........................................................
各位


平素は大変お世話になっております。
この度は、本日行われました関東リーグの結果をご報告いたします。
応援に来てくださった皆様、ありがとうございました。
次節は専修大学との対戦になります。
今後とも、ご支援ご声援の程どうぞよろしくお願い申し上げます。
       
敬具




<第85回関東大学サッカーリーグ前期>             
第2節           
5月7日(土) 対 筑波大 @フクダ電子アリーナ
11:30キックオフ 

早稲田大学 1(0-0, 1-2)2 筑波大学
得点者: 小井土
交代:81分 10奥井→14白井


メンバー


9富山 11小井土
10奥井 5島田 7柿沼 32近藤
3菅井  12山地 4畑尾 17三竿
1赤堀



初戦を完封勝ちして勢いに乗りたい早稲田。相手は、初戦接戦を落とした筑波大学。

試合序盤は、筑波の持ち味であるポゼッションを早稲田が前線からの早いプレスで乱し、いい形でチャンスメイクしていく。また、奥井・近藤の両サイドからの攻撃により得点機を作るが、シュートまで持っていけない。前半最後にはゴールキーパーとの1対1のビックチャンスも決めきれず、前半を折り返す。

決めきれない嫌な雰囲気は後半、筑波のペースとなって現れる。筑波に徐々にセカンドボールを奪われ、さらに早いパス回しで果敢にゴールを狙われる。しかし、早稲田も粘り強いディフェンスで筑波ペースの時間帯を耐えると、迎えた後半27分。
奥井が筑波陣地でボールを奪い、カウンター。ペナルティエリアで1人かわし、中へ。最後は小井土が体ごと押し込み待望の先制点を挙げる。逃げ切りたい早稲田だったが、残り10分で足が止まってしまう。早稲田のサイドを個人技で突破されてしまい、失点。さらにその3分後、またしてもサイドのフリーキックから失点し、逆転を許す。早稲田は終了間際に決定的な場面をつくるが、シュートはキーパー正面。
勝ち切れた試合を落としてしまう悔しい敗戦となってしまった。


<今後の試合予定> 
○第85回関東大学サッカーリーグ(前期)
 第3節 5月15日(日)vs専修大学  11:30Kickoff @西が丘サッカー場
都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩8分
JR埼京線「十条」駅より徒歩15分
 

ご声援の程よろしくお願い致します。
........................................................

以上

やっぱしこれが本来の力なんだろうか。
がんばってほしい。

本日は坂戸の東京国際大学との練習試合で、6時15分には家を出る。
なんでもグランド楽に5面、部員250人近く。
驚きの大学なんだが、こりゃ絶対強くなるのは間違いない。
こっちの方が楽しみかもな。
by gsfc_aoshima | 2011-05-08 05:12 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/15479532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 東京国際大学との練習試合に行ってきた 告別式参加してきた >>