準々決勝戦その2

忘れないうちに書いておこう。

やっぱしVERDRERO港北さんはいいチームだった。
攻守のバランスがとれており、うちが攻めてもペナの中にはなかなか入らせてもらえなかったし、シュートという最後のお仕事すら容易ではなかった。
前後半を通じて、サイドの上げ下げは出来ていたと思えるが、中盤での取ったり取られたりに終始した。

当方の得点シーンの時は、山崎のいいパスが細田にうまく渡り、一瞬のスピードでシュートに持ち込めたが、遠くなんで確認は出来なかったが相手のマークも甘かったように見えた。
クリーンシュートだっと思うし、これで細田は3戦連発である
b0005596_9523251.jpg

後半は港北のスピードある攻撃に苦しめられ、終盤はいつ入ってもおかしくない展開ではあったが、GKの若田、DFの笠原を中心にした必死の守りで零に押さえられた。
攻撃に関しての課題はもう少し、ダイレクトのパスをつないでのリズムを作った方がいいと思う。
ダイレクトパスを3から4つなぐだけでサッカーのリズムが出来るわけなんで、たとえ相手にパスミスで取られても大きなミスとはならないからだ。
守備ではカウンターでの縦パス1本に対する守り方をもう一度確認したい。

オラァの独善的、ひらめき寸評

GK 若田 7 安定した守備と落ち着いたプレーが光った
DF 二宮 7 疲れをしらない上げ下げで右サイドを席巻
DF 脇坂 6.5 目立たないがしぶといマークで失点零に貢献
DF 笠原 7 すべてにおいて大きな壁だった
DF 小山 6.5 フォアへの大きなロングキックを今度は見たい
MF 仙石 6.5 前の4人との連動もっと密になったら更に良い
MF 江口 6 リズムがいいときと悪いときの差がある
MF(秋山)6 いざというときの備えは立派
MF 細田 7 ゴールという仕事は立派だったがけっこう消えていた
MF 大空 6 決定的なシュートをはずしたのが痛かった
MF 山崎 6 右から左までグランド駆け回ったが、最後のとどめが出来なかった
FW 志連 6 孤立する場面が多く、前を向いてのプレーが出来にくかった
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/15027837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2011-03-09 10:07 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)