横浜市長旗杯3回戦vsあざみ野FC

b0005596_995556.jpg
b0005596_994336.jpg
b0005596_992596.jpg
b0005596_99762.jpg
b0005596_982949.jpg
期日:2011.2.5(土)
大会名:横浜市長旗杯3回戦
会場:新横浜投てき場グランド(クレー)
時間:11:00(20分×2)
結果:横浜GSFC 5年 0(0−1)4 あざみ野FC
メンバー
 GK−−−−冨永ーーー
 DF−土山−相原−福山−石川ー
 MFー−竝河ーー安永ーー
 MF−藤崎ーーーー下手ー
 FW−−大谷ー武田−ーー

得点 前半16分あざみ野PK、
   後半2分あざみ野、4分あざみ野、6分あざみ野

交代 HT下手→岡部、後半10分武田→大沼、竝河→高田

2月とは思えないようなぽかぽかと暖かい日曜日。
ここ1ヶ月以上も雨が降っていないので、ここ新横浜の投てき場グランドはクレークレーだし、この季節は砂塵舞い上がり、泥だらけになんだが、ほとんど無風という、なかなかのサッカー日和だった。

試合内容をかいつまんで話そう。

この試合のGSFCはポジション変更があったように思えた。
どちらかというとFWの選手が後ろで後ろの選手がFWをしていた。
ただこれは、オラァが以前見た11月のあすなろ大会の時とは違ったポジションだったわけなんで、最近はポジションチェンジをしたのかもしれない。
相手のあざみ野FCさんは強豪チームなので守備的な布陣で試合に臨んだのかもしれない。

前半はどちらかというとうちの粘っこい守りが効を制し、互角の戦いを繰り返していた。
あざみ野は中盤までは廻してきて、バイタルエリアに入ってきてからはサイドからの切り崩しや早いワンツーを繰り返していたが、こちらの体を張った守りで点を入れさせなかった。

もう前半も終盤になったころから、守備陣が上がらなくなり、またズルズル下がりだした矢先にハンドでPKを与えてしまった。
これで先取点を奪われたわけなんだが、ハンドが悪いということではなく、前で勝負しなくなったのが大きな原因だと思う。

後半開始が心配だったが、この失点のダメージがハーフタイムで解消されないまま、後半に入ってしまい、2分ごとに両サイドを切り崩されて3失点。

万事休すだった。

4点という重みもあるが個人の走力や技術力に相当な差があったわけでもない。
うちの子の方がうまい選手も何人かはいた。
ただ、あざみ野には試合馴れといおうか、ゲームを作る能力というか意思の統一といおうか、戦術がきちっとあったと思う。
うちのチームにもそれが見えなかった。

うちはゴールラインから20m以内の攻めに関してはほとんど何も出来ていないと言うか、そこまで攻め上がるのでいっぱいいっぱいだったと思う。
スピードのある選手が後方の守備にまわっていたので、なかなか突破は実際難しい局面ではあった。

1点ビハインドで後半を迎えたわけで、この試合ではHTからは選手のポジション変更をしてでも点を取りに行く場面だったと思う。
とりわけこの試合はリーグ戦ではなく1発勝負のトーナメントであったので、いかにして追いつくかということが大事ではなかったか。

結果論かもしれないが、失点は覚悟の上で点を取りに行く姿勢の方がよかったと思うし、前半の戦い方ではゴールまでは遠かった。

ただ、負けはしたけれど、このチームは魅力的な選手も多いので楽しみだし、今後の成長を見守りたい。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/14889104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2011-02-10 09:00 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)