第1回蕎麦会開催した。

1月29日(土)
天王町岩間市民プラザで蕎麦会を主催した。
午前中、気功教室に参加したメンバーが昼食に蕎麦を食べるというもの。

おなじみでもあり、オラが日頃お世話になっている長野県南佐久郡川上村の五光牧場の吉澤さんご夫婦がわざわざ横浜まで出向いてくれて蕎麦を打ってくれるという企画。
こちらが用意するものはゼロで、全て吉澤さんがご用意してくれた。
なにからなにまで!
コーヒーまでだに。

オラ達が用意したのは、湯をわかす道具がなかったので電熱器とナベ1個だけ。

会費は全てコミコミで1,500円というはっきしいって交通費も出ない。
それでもかまわないということで開催。

金じゃあないだに!蕎麦だにということで、好きな蕎麦打ちをできればいいということと、冬の間、寒くて閉じこもっているしかないので、アタタかい地方に行きたいということなんだそうだ。

今回の参加者は7名で一番効率がいいのは8名なんだが、多くても10名ぐらいまでということで、その金額の総額を計算していただければおわかりいただけると思う。

ご主人の打つ蕎麦は素人とは思えない、プロの職人でもここまでは出来ないというほどの技術の高さ。
お水だけで、「つなぎなし」だ。
もちろんそば粉は長野産。

一度習っただけで十割そばが出来るようになったという、まさに天才。
コツはお水をたくさん入れないのと、最初にお水を少し入れた時に粉の段階で空気を入れること。
そして次に打ち水をした時から、その空気をいかに抜くかということなんだそうだが、あれよあれよと出来てしまったのは、何回見ても驚きだ。
b0005596_818810.jpg
b0005596_817437.jpg
b0005596_817812.jpg
b0005596_8164592.jpg
b0005596_8163526.jpg
b0005596_8162577.jpg
b0005596_8161318.jpg
b0005596_816299.jpg
b0005596_8154740.jpg
b0005596_8153855.jpg
b0005596_8152972.jpg
b0005596_815544.jpg
b0005596_8145398.jpg
b0005596_8141042.jpg

吉澤師匠のおことば
「誰でもすぐ出来ます。はっきしいって簡単です!」

蕎麦が広がったときは下の木の木目が写っているぐらいの薄さだし、蕎麦を切るときの幅も1ミリの細さで、相当難しそうなんだが。
皆さん、感動で固まっていた。

そして蕎麦がまたうまいときている。
そばだんごやら、そばがきまでいただいて皆さん大満足でした。
おそばやさんでもこれほどの蕎麦は打てないと思います。

.............................................................................
告知

第2回蕎麦会

期日:2月12日(土)横浜GSFCの主催で行います。
会場:ロイヤルヒルズ東戸塚マンション(環2の交差点)の1F集会室
時間:11時から〜13時。
会費:1,500円。
内容:コーヒーは今回は付きませんが「直助キムチ」はつきます。
人員:申し込み先着10名
   五十嵐、西山、青島いずれかにご連絡下さい
   もちろん、直助のコメント欄にいただいてもかまいません。
   
...................................................................................

師匠からは、3月いっぱいなら土日を使ってどこでも行くそうです。
首都圏、静岡オーケーですよ。
普通のご家庭のリビングでやってもかまわないですよ。
オラ達がゼンゼン知らない方だと一応お断りなんですが直助および師匠が言葉を交わした人であれば行きます。
オラも行けるところは行きますし。

それから師匠は奈良は特に行きたいそうですよ。!!
奈良遷都1,500年でもあるし、奈良ならオラも助手としていきたいと思っているわけです。
もちろん、キムチは無償でつきます。
1回につき8〜10名を集めていただければと思います。

ご連絡下さい。

蕎麦会のご案内でした。




 
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/14836314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rainydayh at 2011-01-31 19:40
え?
奈良に来てくださるんですかー。
ほんじゃ、人、集めます(笑)
Commented by gsfc_aoshima at 2011-02-01 06:27
行くだよ!!
by gsfc_aoshima | 2011-01-31 08:43 | 高尚な話 | Trackback | Comments(2)