韓国vsイラン戦

アジアカップ準々決勝韓国vsイランの1戦は延長前半ロスタイム、ユン・ピッカラムの右から中に崩して入ってきて、左足でのゴールで韓国が征した。

この時だけといっていいほど、イランの集中が一瞬切れてしまい、ズルズルと下がってシュートのコースを明けてしまった。
延長前半のロスタイムに入っていたことが油断を生んだのかもしれない。

その後の延長後半はイランの怒濤の攻撃が続いたが全員が守りに入っていた韓国の守備陣を崩すことができなかったし、シュートを打つ場面もなかなか出来なかった、

これで日本は韓国と、ヨルダンに勝ったウズベキスタンはイラクに勝ったオーストラリアと戦うことが決まった。

韓国と日本では完全にサッカーの質も中身も好対照なだけに面白い試合が見られると思う。
韓国の力強さと疲れを知らない走力にどう立ち向かい、崩して行くのか、こりゃあもう見ものだいやぁ!!
日本のパス廻しの早さにも注目でここからどう縦に速いパスを送り込めるかだと思う。
特にペナに入ったときの香川、岡崎への縦パスは注目だ。
岡崎が絶好調と言おうか、なんか別物の動きをしているし、これを止めるのは韓国と言えどもなかなかやっかいだし、香川のアタックセンスと決定力は大いに期待出来ると思う。

日本の問題点はやはりセンターラインの守備だと思う。
韓国戦は吉田が出れなくて岩政が出てくるのだろうが、安定感に欠ける。
吉田も岩政も高さはあっても足元の崩しに弱いし、スピード感にいまいちだけにどっちも苦しいわけで、どこまで我慢出来てやれるかどうかだと思う。
幸いにも、今野の出来がいいのが日本の救いなんだろうが、厳しいことには変わりがない。

頑張ってほしいが、長谷部と遠藤の足が止まらないことを望むばかりである。
いやぁ〜サッカーって面白いよな!

それにしても韓国とイランの選手達の頑張りにはエールを送りたい。
ほんといい試合でした。
by gsfc_aoshima | 2011-01-23 04:23 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/14792635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 伊達さんのスペシャル番組を見た カタール戦を見て >>