猛蹴(タケル)クン関東昇格!

昨日、JFL入替戦アルテ高崎vs洲本三洋の第2戦が行われ1ー1の引き分けとなり、第1戦に3−0で勝利しているアルテが残留となった。

この結果、関東社会人選手権で優勝した横浜猛蹴が神奈川県社会人リーグから自動昇格となった。
11月15日の関東選手権決勝で普通ならその場で自動昇格がほぼ決まるというのに、今年はいろいろあったわけで、最悪入替戦まで追い込まれていたわけなんだが、「意地の高崎」というか、頑張ってくれたよね!

やっとこさというか昨日、自動昇格が決定した。
あのSC相模原を破っての優勝なんだから素直に評価したいし、今年の横浜猛蹴は素晴らしかった。
鳥毛クンという大大決定力があるとはいえ、チーム一丸を最初から最後まで貫いたということだと思う。

サッカーって何が起こるかわからないスポーツだし、サッカーの神様はけっこう理不尽だし。
ここで自動昇格ではなく入替戦ということになったら、ちょっと心配だったのは事実である。

来年1月16日が入替戦だし、それまでモチベーションを維持するのは至難の業なんである。
「1位で入替戦なんてありぃ?!
〜なんて気持ちが、選手の中でわき上がるのは当然だし、いままでそんなシーズンもあんましなかったようだし、「なんでこのばにおよんで俺たちがかよ!」ということは蔓延する。

そういう意味においても、タケルが入替戦に及んだときは、もちろん強いというのはわかるし、関東2部の下位であれば負けることはないとは思うが、自動昇格の方が絶対の堅さがあるわけで、とにかくよかったと思う。

SC相模原に関しては地域決勝のグループで敗退したときから、関東の入替戦は確定していたわけ出し、こちらはもう1月16日に向かって気持ちもカラダも切り替えているだろうから、頑張ってほしいし。
なにがなんでも関東に行ってもらわないと、ちぃ〜っと恥ずかしいことになる。
今シーズンは特例措置をも、もらってのシーズンであった。
ここで負けるようではチームとして微妙な立ち位置になってしまう。
そいう意味においてもSC相模原がこの日に鬼と化すのは間違いないだろうし、山口戦と同じ轍は踏まないと思う。

とにかく神奈川からあと1チーム関東に上がってほしいと思っているのは神奈川のどのチームにもいえることだ。
2チーム昇格なんてこりゃあもう悲願と言うか、この際、「上がってよ!」「頼むから!!」

初詣の祈願には是非とも「相模原が関東入替戦で勝ちますようにかしこみかしこみとまうす」

それとタケルクンの為にキムチを用意しないとね!!
by gsfc_aoshima | 2010-12-20 06:30 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/14613137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 本年最後の練習試合 マットデイモンが好きです >>