歴史的大敗はしたけんど!

7/18(日)保土ヶ谷サッカー場での六浦FCとの試合は前半0−0、後半1−5という結果に終わった。
この日は高校野球の東海大相模が保土ヶ谷球場で出場するということで駐車場は満杯の様相。
小学生のサッカーに顔を出していたので西山コーチに乗せて行ってもらう。

朝10時の試合開始の時はすでに30度を超えていたと思う。
グランドの芝がやけに暑いし、ピッチは35度を完全に超えている状態だった。

そんな状況の中での結果は公式戦としては歴史的大敗というかチーム創立して10年、初めてのことである。
メンバーもけっこう集まりが良かった。
気持ちも気合いも入っていた。
意思統一もなされていた。

オラは素直に「いいチーム」になってきたなあと思ったほどだった。
そして試合の入り方もよかったと思う。
試合前確認していたことをきちんと行っていたし、よく裏に走り、サイドからの展開もあったし、いうことないほどだった。
ただ1点いうとすればフィニッシュのゴールがなかったことをのぞけば。

うちの失点のパターンは決まっている。
前がかりでうすくなった時にカウンターでやられている場面がほとんどだ。
どの試合もそうである。

後半は暑さのせいかどうかわからんが、なんだが脳に酸素が廻っていない状態ではなかったか!
ハーフタイムの水分のとり方とか、糖分のとり方とか、あるいは筋肉疲労のケアとか、なんかそういったものが欠けていたのではないだろうか。
声の出も極端に少なくなってしまったようだったし。

前述したように、チームとしての意識の持ち方やまとまりは決して悪くないし、長いサッカー人生の中では結果がついてこないなんてという理不尽なこういうこともあるわけだし。
サッカーの神様はなかなかいうことを聞いてくれないのである。

オラ的には帰りはサッカー場から自宅まで歩いて帰ったわけなんだが、カメラやらなにやらでバッグが重くて旧東海道の権太坂の坂がこんなにきついとは思わなかった。
あまりのきつさと暑さで、軽い熱中症になったようで、半日横になってしまったほどだった。

オラ達の目指すサッカーを続ければいいのである。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/13614362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2010-07-19 06:51 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)