3位決定戦

7/10 南アフリカワールドカップ、ドイツvsウルグァイの3位決定戦は(3−2)でドイツの勝利に終わった。

ウルグァイのエース、フォルランのゴール前18mのフリーキックが上のバーを叩いた時レフリーの試合終了の合図。

あのシュートがゴールに入ったら、もう30分ゲームが見れるのにと思った人々が何十億人かいるのだろう。

キックオフから最後の最後までスペクタクルな試合展開で、必ず遊ぶことなくゴール前まで持ち込むサッカーだったと思う。

ドイツのサッカーはひたすら早く、前へ前へで、もちろんウルグァイもそれに見事に呼応して息をつかせないスピード感ある素晴らしい試合だった。

ベスト4にふさわしい両チームの戦いだったと思うし、終わったあとの両チームの選手達の清々しい、やり遂げたという雰囲気がオラにもじゅうぶん伝わってきた。

ウルグァイのフォルランの見事なシュート、そしてミューラーの先取点。
準決勝にミューラーがいたら!

ウルグァイのMVPはもちろんフォルランだろうが、ドイツはオラ的にはシュバインシュタイガーではないかと思っている。
そのぐらいドイツのサッカーを引っぱっていったと思っているし、いわゆる格上のゲルマン魂を持った選手だろう。
もちろん顔もすごいがよ!

この試合は、3位決定戦とはいえ、今大会でもっとも面白いゲームの一つに挙げられるだろう。

明日の決勝戦はこれ以上の試合になるかまさにまさに注目したい!!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/13577856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2010-07-11 06:26 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)