こちらはけっこう低迷!

ア式主務太田君からのメール
以下の通り
....................................................................
メール会員各位

本日行われました関東リーグの結果をご報告致します。

【関東大学リーグ第10節 vs駒澤大学】
6/12 11:30 kick off @古河サッカー場
早稲田00-0
0-00駒澤
野田 明弘(45分)得点(85分)
警告(47分)小井土 翔警告・退場警告(33分)
警告(81分)幸田 一亮警告(44分)
警告(47分)
6シュート11
18直接FK18
2間接FK0
5CK2
2オフサイド0
starting
位置背番号選手名交代
GK1菅野 一弘
DF2野田 明弘
DF4畑尾 大翔
DF12菅井 順平
DF7幸田 一亮
DF5岡根 直哉
MF6山中 真
MF8奥井 諒
MF19鈴木 隆司
FW11小井土 翔
FW9富山 貴光out 83分
sub
GK16小倉 朋也
DF35福田 勝也
DF30村山 拓也
MF33野村 良平
MF26柿沼 貴宏
FW27佐々木 絢也
FW14松井 亮大in 83分
【次節 関東大学サッカーリーグ第11節 vs神奈川大学】
6/20 11:30 kick off @西が丘サッカー場

リーグ戦は連敗中、総理大臣杯も敗退が決定し、悪い流れを断ち切りたい今節。
相手は、フィジカルを生かした攻撃が特長の駒澤大学。

サブに今季初めてDFの村山が入った。

【前半】
案の定、後方からもロングボールを入れてくる駒澤に対し、早稲田は畑尾・菅井のCBコンビや中盤の岡根が空中戦で引けを取らない。
互いに総理杯予選の疲れからか動きが重く、これといったチャンスを作り出せないままじりじりと時間だけが過ぎていく。

長いボールを入れてセカンドボールを確実に拾う戦法の相手だが、早稲田は蹴り合いとならないようパスでポゼッションを試みる。
しかし、凸凹に荒れたピッチではなかなか上手くボールが回らず、フィニッシュまで形を作れない。

互いに低調な内容で前半を終了した。

【後半】
ハーフタイム、岡根主将が「ミスしてもいいから繋げる所は繋ごう」と励まし、ピッチへ。

真夏のような暑さだが、序盤、選手はむしろハードワークして試合に動きが出始める。
しかし相変わらずの戦法を取る駒澤相手に、徐々に疲れが見え始め、足が止まりだす。

そして後半20分を過ぎると完全に相手のペースに。
何度も決定的なピンチを迎えたが、GK菅野のセービングやゴールバーに助けられ、なんとか苦しい時間帯を凌ぐ。

残り10分を過ぎた頃、エース富山が怪我で交代し、松井が入る。
すると、チャンスを活かしきれなかった駒澤の足も完全に止まり、早稲田が攻勢に出る。

松井のところでボールが納まり、小井土や鈴木が何度もコーナーキックを得る。
だが、このチャンスを活かしきれず、シュートは枠を捉えることができない。

互いに限界に近い状態の中で、ゴールを割ることができず、試合終了。
勝ち点1を分け合った。


【次節 関東大学サッカーリーグ第11節 vs神奈川大学】
6/20 11:30 kick off @西が丘サッカー場
※都営地下鉄三田線「本蓮沼」駅より徒歩8分

前期最終戦になります。
応援よろしくお願い致します!
............................................................................
以上

ゼンゼン勝てなくなってしまっているが、ここはしのいでしのいでやるしかないのかな?
by gsfc_aoshima | 2010-06-13 06:34 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/13448883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ドイツは強いぞ! 本日、八ヶ岳 >>