最下位に苦杯


5月15日のア式主務太田クンからのメール
以下の通り
....................................................

メール会員各位

本日行われました関東大学サッカーリーグ第7節の結果をご報告致します。

【第7節】 13:50キックオフ @フクダ電子アリーナ
早稲田11-0
0-22拓殖
富山 貴光(21分)得点(80分)
(86分)
警告・退場警告(52分)
7シュート5
25直接FK9
3間接FK1
6CK1
2オフサイド0
starting
位置背番号選手名交代
GK1菅野 一弘
DF2野田 明弘
DF3小川 諒
DF12菅井 順平
DF7幸田 一亮
MF10中野 遼太郎out 76分
MF6山中 真
MF26柿沼 貴宏out 84分
MF8奥井 諒
FW11小井土 翔
FW9富山 貴光
sub
GK16小倉 朋也
DF4畑尾 大翔
MF28島田 譲in 76分
MF24渡部 雄史in 84分 out 90分
FW14松井 亮大in 90分
FW27佐々木 絢也
FW18皆川 翔太
次節 5/19 vs順天堂大 17:50 kickoff @江戸川陸上

前節筑波大相手に攻めあぐね、勝ち点2を落とした早稲田。
今季未だ勝ち点・得点なしの拓殖大相手に、きっちり勝ち点3を積み上げたいところ。

フクアリは快晴だが、潮風が少し肌寒い。遠方ということもあり、スタンドは少々寂しい集客。

スターティングメンバーは、体調不良の鈴木隆司に代わり前節途中出場の柿沼が入り、控えに渡部雄史が加わった。

【前半】
最下位の相手に勝ち点・得点をしっかりともぎ取りたいところだが、なかなかボールが落ち着かない。
自陣ゴール前を固めて相手にチャンスを作らせない一方、フィニッシュで終わるシーンがほとんど見られない。
攻撃から守備への切り替えが遅く、“早稲田らしい”サッカーができずに時間ばかりが経過する。
そんな中、先制点が生まれる。
21分、CB小川の後方からのロングフィードが相手の裏に落ちると、すかさず富山が抜け出してキーパーと1対1に。
飛び出していたキーパーの位置をよく確認し、ループシュートでゴールし、内容が良くないなりにも先制に成功する。
全体的に動きは悪いが、最低限の点差を付けて前半を折り返す。

【後半】
ハーフタイム、監督から「うちの強みを出そう!」と檄が飛び、再び立ち上がった早稲田イレブン。
しかし、なかなか動きの悪さは改善されず、攻め込んでは中央でブロックを作った相手守備陣に引っかかり、カウンターを食らう展開が続く。
再三MF奥井諒がドリブルで攻め込むも決定機は作り出せない。ペナルティエリア左手前で獲得したFKのチャンスにDF野田明弘が直接狙うも、キーパーの正面をついてしまう。
残り10分、追加点を狙いに中途半端に前掛かりとなった早稲田に悲劇が起こる。
野田の横パスを相手にカットされると、一気にカウンターを食らう。マークの人数が足りず、逆サイドから走りこんだ相手FWに豪快に同点弾を許してしまう。
更に悪夢は続く。86分、これもミス絡みでボールを失うと、相手10番の放ったシュートはGK菅野一弘の手をかすめ、ゴール。逆転。

選手交代等で打開を図るもむなしく、下位チーム相手に苦杯を舐めた格好となった。

3勝2敗2分となり、5位となりました。

次節は、vs順天堂大学
5/19(水)17:50キックオフ
@江戸川陸上競技場
・JR京葉線「葛西臨海公園」駅より、徒歩25分
・東京メトロ東西線「西葛西」駅より、徒歩15分

※駐車不可

平日開催ですが、お時間のある方は応援をお願い致します!
....................................................................................
以上

時間的にだいぶ経っているがとりあえず慣例なので。

春先はシーズン序盤でいろんなことが起こる。
やったりやられたりの繰り返しがみられる。
連勝がなかなか出来ない。
最下位にやられるということはちょっとしたことでチームのバランスがくずれたのかなぁ?

とはいえ明治はあいかわらずだんトツだし。
ア式も頑張ってほしいよな!!
by gsfc_aoshima | 2010-05-19 06:31 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/13326033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< twitter始める! パンフレットが出来た! >>