所詮サッカーなんて百姓一揆だア

チャンピオンシップ第1戦を勝利した岡田監督の記者会見の内容が「J’sゴール」にあったのでご紹介

Q:10/12の浦和戦では、3バックのサイドのスペースを使ってそこから展開していたと思うが、今日の試合のコンセプトは?
「あの試合では安がいたので、サイドからのボールにもくさびとなって受けることができた。今日のFW2人の特徴はスペースにボールを出して前を向いたほうが得意な選手なので、前を向いて走って突いていこうということ。
ただ、今日のミーティングでも今週の練習でも戦術的な話はしていない。選手たちがコミニュケーションを取って、ああいう戦い方をしたのだと思う。実際にDFラインからロングボールを蹴っているでは、チャンスになっていなかったと思う。今のメンバーでいちばんよい戦い方を考えてくれたということだと思う」

Q:前半の立ち上がり、かなりアグレッシブにいったと思うが、監督からの指示があったのか
「ほとんどのチームが浦和との対戦では怖がって下がってしまう。腰の引けた試合はしたくない、という意思表示のためにも前から行ってくれたのではないかと思う」

Q:非常に集中力があったと思うが、メンタル面での上げ方について
「今日1日だけではなく、2ndステージの終盤3試合はこの試合のために照準を絞ってやってきた。その中で言い続けてきたこと。2ndステージの終盤では負けたり引き分けたりという結果もあったが、集中力という面ではよくなっていた」

Q:攻勢の中で前半0-0で終えて、いやなイメージはなかったか
「あまり早い時間に得点しなくてよいと選手たちには言っていた。前半の0-0はゲームプランどおり。あまり早くに得点すると、気持ちが後ろ向きになるので0-0でよかった」

Q:今日の試合では浦和らしさを出させなかったと思うが、非公開練習で対策を練ったということか
「頭や図面で書いてもうまくいくものではないし、非公開練習を1〜2回しただけでうまくいくものではない。シーズンを通してやってきたことが、シーズンの終わりにできたということ。この試合への共通意識が出来ていたのがよかった」

以上

どうも記者はこの試合にどんな戦略、戦術をもちいたのか、聞きたかったのであろうが、全然かみ合ってないのが面白い。レベルの高い話でもなんでもなく、小中の生徒にいうような内容である。岡田は正直に素直に話しているだけで、日産グランドで大声出してる内容とあまり変わりないのがいいとおもう。
要は「コミニュケーションをよくとれ」の徹底だった。それも「声を出せ」
あんまり難しいことを現場で云っていない。コミュニケーション=声だから。
たぶん、世界的な有名なチームでも同じような事だとおもう。負けだすとあーでもないこーでもないとなるんでさらに深みにはまってしまう。今のレアルなんぞ、監督が難しいこといってんだろうな。
その点、岡田は頑固そうだし、教わった監督さんが堀江先生(早稲田、故人)なんで難しいこといわないのはよく理解できる。
基本は「走れ、からだ張れ、百姓一揆だぁ」だずらよ。川淵キャプテンも同じずら!

浦和の森GMもほんとは同じだら。だけど浦和はよそいきのサッカーをやってしまった。次は、もちろん百姓一揆のサッカーをしねえと。皆さんそれしか教わってねえんだからむつかしいサッカーなんぞはできるわけねえずらよ。サッカーなんてそんなもんずらよ

試合前夜、モリ様に「頑張ってください。田中と山瀬のサインを頼まれたんでお願ぇしますだ」と依頼するも、第2戦に勝ってさらに優勝でねえとやってくんねえだら。
by gsfc_aoshima | 2004-12-08 07:12 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/1327427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ラモスがか! 入れ替え戦 >>