県リーグ混沌

神奈川県社会人サッカー1部リーグ第1節が終わった。
試合結果は以下の通りだ。

4/18
 ブレッサ相模原 0-6横浜猛蹴日本工学院G15:00
 平塚サッカークラブ 2-3横浜GSFCコブラ馬入公園(人工芝)17:00
 VERDRERO港北 1-0かながわクラブ〃19:00
 フットワーククラブ3-1さがみ大沢FC寒川町立寒川中学校18:30

4/25
 S.C.相模原 1-1六浦フットボールクラブ麻溝公園競技場10:00
 ALL-Z 2-1日本工学院Fマリノス日本工学院G12:00

今年の県1部リーグの大注目は、なんといってもJリーグ準加盟になったSC相模原の1部での戦いだろう。
たぶん、これが全てだと言っても過言ではない。
ここで圧倒的に勝てるようでないと相模原の飛び級だってきびしいものがある。
だから、県1部の面目にかけても各チームとも相模原には必死こいて戦うのはまちがいない。
そういう意味合いにおいてこれほど楽しいリーグもないのではないか!
Jリーグばっかしがサッカーではないと思うし、見てもらえればそれなりにいいサッカーを各チームやってるし!

そして六浦が相模原と引き分けたことは決してオドロキではない。
六浦のスピードのあるサッカーはやっぱし見事だと思うし、試合運びだって伝統あるチームだからどう戦ったらいいかなんていうこともよくわかっている。
最後は1番、2番に上がってくるチームだから相模原も苦戦するかもと思っていたが、開幕戦から相模原とこうだと、相当いいチームに仕上がっているということだと思う。
今年の六浦は例年に増してやるだろう!

相模原はヤッパし言うまでもなく強いと思う。
がぁ〜!さっきも述べたように各チームとも相模原だけには意地でも簡単に勝たせたくないと思っているのだから、なかなか大変だと思う。
原巨人にぶつかるベイスターズみたいなもんだが、広島には負けても巨人にはエースを当てるようなもんだからなにがあるかわからないし、引き分け狙いのチームも出るのはまちがいない!

工学院Fマリノスは新入生がチームに馴染んでくる第2節以降の戦いで判断したい。
横浜猛蹴は若いし、スピードがあるし、乗せたら止まらない、すばらしいチームだと思う。
上に来るのはまちがいないずら!
フットワークはホームはほんとに強いな!
あの硬いクレーとナイターは手を焼く。
大沢はその術中に入ったとしか言いようがない。

5月に予定も決まったし、ますます目が離せないの県リーグだ。
いやぁ〜サッカーはほんと面白いずら!!!

5月のスケジュールは以下の通り

5/2
  ALL-Z-さがみ大沢FC麻溝公園競技場10:00
 ブレッサ相模原-フットワーククラブ〃14:00
5/16
  フットワーククラブ-かながわクラブ寒川町立寒川中学校18:30
5/23
六浦フットボールクラブ-VERDRERO港北保土ヶ谷公園サッカー場10:05
 日本工学院Fマリノス-S.C.相模原日本工学院G14:00
 さがみ大沢FC-平塚サッカークラブ馬入ふれあい公園(人工芝)15:05
 かながわクラブ-ブレッサ相模原谷本公園19:05
5/30
  VERDRERO港北-ALL-Z玄海田公園09:05
 横浜猛蹴-横浜GSFCコブラ馬入ふれあい公園(天然芝)12:05
 六浦フットボールクラブ-フットワーククラブ〃16:05
 平塚サッカークラブ-S.C.相模原馬入ふれあい公園(人工芝)13:05
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/13219186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2010-04-28 06:01 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)