キックから出直せ

4月25日(日)Jr.ユースの公式大会でもある全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会神奈川大会2回戦vsFCパルピターレ戦を観に行く。
久しぶりのポカポカした春らしい陽気で気持ちも和みまさにサッカー日和だ。

会場は厚木の中三田スポーツ広場というところで4、5年前にも来たことがある。いわゆる河川敷のクレーのグランドだ。
どんな試合をしてくれるのだろうかと楽しみではあった。
日頃の練習を見てもそこそこだし20年近くになるJr.ユースの歴史の中でも1、2を争うのではないかと思っていたからだ。

結果は2ー2で終了の笛、PK戦は6人が出てきて2−3で自滅する。
GKの??地の活躍もあり、相手が自滅してくれそうだったのにこちらが自滅するとは考えも及ばなかった。
相手の方が気持ちで負けていたのにわざわざ負けることはないのによ!
このPKの場面だけ見ると選手達の気持ちがボールに乗り移っていなかった。
中途半端な蹴り方ばかりで、ほんとに勝ちたいのか、甚だ疑問だなと思わざるを得なかった。

PK戦までいけばあとはその時の運だとはいうが、はたしてそうだろうか。
そういうこともあるかもしれない
でもまともに蹴れないのに、運が悪いと思うのはいささか甘いと思うし、そう選手やスタッフが思ったら進歩はないし、ここどまりだと思う。

ゴールの枠、両下角に強いパスを通すということではなかろうか。
日頃の練習からきちんと正確に強いパスを足元に通すことをしていないからこういうミスをする。
ただなんとなく適当に蹴ってるからこういうことになっちまうのではないかい。

サッカーはきちんと止める。きちんと蹴る。きちんと走る
これが最大の基本だと思う。
3番目のきちんと走ったり、きちんとマークすることはそれなりに出来ていたと思う。
針の穴にボールを通せといわないが針の穴に通すぐらいの気持ちでまじめに謙虚に練習するべきである。
サイドキック、インステップキックをきちんとやり直せ。
ボールの進化でインフロントキック全盛の時代にはなったが大事なのはこの2つのキックがサッカーの蹴り方の大本なのはまちがいないからだ。

きびしい言い方かもしれないが、「結果」にかならず現れるだでよ!
b0005596_645195.jpg
b0005596_65392.jpg
b0005596_651516.jpg
b0005596_653533.jpg
b0005596_655281.jpg
b0005596_66531.jpg
b0005596_664550.jpg
b0005596_665744.jpg
b0005596_67968.jpg
b0005596_67236.jpg
b0005596_673623.jpg
b0005596_67512.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/13214042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2010-04-27 05:54 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)