ア式からの第2弾

ア式よりのメール
以下の通り
.....................................................................
メール会員各位

本日行われました関東大学サッカーリーグ第2節の結果をご報告致します。

【第2節】 11:30キックオフ @国立西が丘サッカー場
早稲田(0−1)慶應
得点86分
警告・小井土(67分)警告・退場警告(76分)
退場・野村(92分)
10シュート12
19直接FK16
0間接FK3
10CK1
0オフサイド3
starting
位置背番号選手名交代
GK1菅野 一弘
DF2野田 明弘
DF3小川 諒
DF12菅井 順平
DF7幸田 一亮
MF10中野 遼太郎
MF33野村 良平
MF19鈴木 隆司out 90分
MF8奥井 諒
FW11小井土 翔out 77分
FW9富山 貴光
sub
GK16小倉 朋也
DF4畑尾 大翔
MF6山中 真
MF13畠山 祐輔
MF14松井 亮大in 90分
FW27佐々木 絢也
FW18皆川 翔太in 77分
次節 4/25 vs法政大 11:30 kickoff @多摩市立陸上競技場

【戦評】
開幕戦を勝利で迎えた早稲田。
昨年1度も勝てなかった因縁の相手・慶應を倒し、2連勝を飾りたい。

前節と同じスターティングメンバーで挑んだ立ち上がりは、早稲田が優位に試合を進める
高い位置からプレッシャーをかけてボールを奪い、多くのコーナーキックでチャンスを作り出した。
DF野田のセットプレーは相手の脅威となり、「あと少し触ればゴール」というシーンが何度も見られた。
対する慶應はロングキックでカウンターを仕掛けるも、なかなかシュートまで持っていけない。
相手の2倍のシュートを放った早稲田のペースで、前半を終了する。

後半に入り、先制点も時間の問題かと思われたが、疲れからか徐々にプレスが効かなくなり、ファールが増えてしまう。
相手のセットプレーからあわやというシーンを多く作られ、前半と打って変わって劣勢を強いられる。
皆川の投入などで打開を図るも、中盤でのミスも増え、自陣でのプレーが殆どという展開に。

それでもギリギリのラインで踏ん張り、引き分けが濃厚かと思われた86分、遂にこぼれ球を押し込まれ、厳しい時間帯に先制点を許してしまう。
後がない早稲田は松井を投入し1発にかけるが、連続で獲得したコーナーキックも活かせず、試合終了。

ライバル相手に、またしても苦杯を舐める試合となった。

1勝1敗となり、暫定6位で2節を終了した。

次節は、vs法政大学
4/25(日)11:30キックオフ
@多摩市立陸上競技場
・京王線「京王永山」、小田急線「小田急永山」駅より「諏訪四丁目循環」行バス乗車、「諏訪四丁目」下車徒歩3分
・京王線「聖蹟桜ケ丘」駅より「聖ヶ丘団地経由永山駅行バス乗車、「聖ヶ丘小学校」下車 徒歩

...........................................................................
以上

慶応だけには負けちゃあいかんずら!
昨年も早慶定期戦を含めけっこうやられている。
慶応のOBが舌なめずりしているのはやりきれん!
会えば会ったで、にやにやされるしよ!

とにかく連勝しないと上位にはいかれない。
次節はお願いしたいです。

試合の公式記録表
by gsfc_aoshima | 2010-04-19 06:04 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/13173869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 2010県リーグ開幕 今日は開幕戦! >>