SC相模原戦

とにかく寒かった!
その寒さに比例するかのようにどうにもからだが重たいように感じられる選手が多かった。
ていうか、相手の過去の経歴に萎縮しているのかどうかわからないが、気持ち的に負けていたのではないだろうか。
名前負けをしてはいけないのによ!
スライディングタックルのきつい奴を一発かますぐらいでないといけないと、試合前の直助で書いたわけだが、それを相手にやられていた。

その差が開始10分の先取点を奪われるきっかけとなったと思う。
普段なら、きちんとつめるところをなぜかスペースを空かしてしまっていた。
オラァは相手GK側の相当遠いところにいたんで細かいことまでわからないが、みんなが見てしまっていたようにとれた。
特に前半はサイドにボールを廻され、突破されたのが2点の失点につながったと思う。
うちの攻撃に関してはFWにボールが納まらなくて苦労していた。
山崎から志連への裏へ通すパスが効果的ではあったがシュートまでは行かなかった。

後半は2点を追う展開ではあったがセンターのDFふたりがきちっとしたマークをしたことで徐々にうちらしいサッカーも出てきた。
戦略的には、0−2で負けていただけに後半アタマから外池を使うほうがよかったのかもしれないし、外池効果を狙うなら、小さなパスで廻すより、シンプルに外池に集中的合わせた方が相手DFはいやだったと思う。
カウンター一発でとにかく得点を奪うというコンセンサスがとれていなかった。

このゲームで笠原が公式戦初登場となったわけなんだが、元Jリーガー船越を完全に押さえて、ほとんど前を向いた攻撃をさせなかったし、次元の違うサッカーをしてくれていた。
笠原がサイドに引き出された時に前半のピンチが続いたのではあるが、後半はバックラインが安定した守備をした。

試合後、外池がミーティングで「もっと気持ちを高めて頑張らないと、それだけの選手で終わってしまうぞ!負けて悔しくないのか!」と叱責した。
ガッツリかまして試合で表現しろということだろうし。
後半0点に抑えたことで満足してはいけないし、貪欲に勝ちに行けということだと思う。
大いに反省すべき点だ。

SC相模原に関しての感想は、県レベルでは抜きん出ていると思うがJFLに飛び級で上がれるほどの圧倒的な強さかどうかは判断の分かれるところである。
パスを廻す上手さはあるしサッカーをよく知っている選手が多いが、DFはスピードと高さの点でどうかと思うし、FWに関して言えばこの試合のように船越の運動量の少なさとがっちりマークされた時はなかなかキビシくはないか。
中盤の選手頼みとなっているのが今のSC相模原の現状だと思う。
この試合は負けたがサッカーはなにがあるかわからない。
オラ達がこれからのリーグ戦で一発かますチャンスはじゅうぶんあるのではないか。

両チームとも雨と寒さでも熱心なサポーターの方々がかけつけてくれたがいいお天気でやらせたかったよな!








b0005596_7592744.jpg
b0005596_7593760.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12929984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2010-03-03 07:59 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)