昭和41年9月号より

昨日紹介したサッカーマガジン9月号にクラマーさんのことが詳しく載っていたのでご紹介したい。
今回、オラァもよく読んでみたが、いまでもご健在のようだし、現代日本サッカーの中興の祖みたいな方なんだとおもう。
オラが小学校の体育の授業でクラマーさんが日本で行なった練習をなにかのときに行なった記憶がある。国中でクラマーさんを歓迎していた記憶があるのだが!
4ページを8つに分解したが読みにくくてもうしわけありません。
以下の通り
....................................................................................................
b0005596_648203.jpg
b0005596_649448.jpg
b0005596_6494585.jpg
b0005596_649545.jpg
b0005596_654994.jpg
b0005596_6542115.jpg
b0005596_6551736.jpg
b0005596_6553686.jpg


.................................................................................................................
クラマーさんが日本に初めて土を踏み、日本のサッカーを見たのが1960年、そしてこの記事が1966年で、「もう日本サッカーの恩人」になっている。
これってものすごいことでないかい!
6年で恩人ダニ!
それほどクラマーさんによって日本のサッカーが変わったということだとおもう。
なにせこのとき初めて「ボールリフティング」を日本代表が教わったと言うんだから、ものすごいことである。
つい50年前である!!
そして改めてクラマーさんが残していってくれた5つの提言を考えてみる必要があるとおもう。
このときすでに芝生化を言ってるんだから!
川淵さんが言っているのではなくクラマーさんだし!
川淵さんはクラマーさんから耳にタコができるぐらい聞かされていただろうし、ドイツでも研修していたとおもうし。

この9月号はよくよく読んでみると興味ある記事がたくさんあるので明日もご紹介したい。
サッカーマガジンさん、すごい!
by gsfc_aoshima | 2010-02-03 07:00 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12776703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 昭和40年代の関東大学サッカー 44年前の大学選手名鑑 >>