vs早稲田ユナイテッド戦

1月17日、早稲田ア式、東伏見グランドで早稲田ユナイテッドと練習試合をした。
早稲田ユナイテッドは東京都社会人リーグ2部に所属、株式会社として運営されており、ア式後輩の岩崎君が創立したチームである。
ア式の後輩卒業生が数多く所属しており、東京都の選手権で準優勝して全社の関東予選にも出場している強豪チーム。
2009シーズンは東京都社会人リーグではだれもが1部に昇格すると思っていたが、つまづいてしまって昇格出来なかった。うちのチームも経験あるがよくある話である。
僅か10から11試合を1年をかけてやる、リーグ戦であるからしてけっこういろんなことが起きて、いいときも悪いときもあるわけだ。
どれだけ力を発揮出来るかは実力だけではなかなか通用しないのも常なんで、昨シーズンのうちのチームもそうだし、難しいことなんである。
そういう意味ではサッカーってスポーツは、個々の力だけではない要素が相当必要だということでもあるし、それがサッカーの魅力でもあるわけだ。

そんなことを思いながら、この試合に立ち会った。
早稲田ユナイテッドには2008年シーズン、うちに在籍していたア式後輩、前田亮君が入部し、この試合に出場して来た。
うちにいた時には、スーパーサブで関東大会に出場してくれたが、ここでは70分きちっと走っていた。
「もうヤバいです!」と言っていたが、なかなか走れるじゃん!と思った。
一瞬の切れ味はヤッパし並外れたものがあり、もっと走りこめば相当の脅威になるはずである。

試合は35分ゲームを3本行ない、0−0、0−1、0−0で負けてしまった。
試合開始から、繋ごう繋ごうという意識が強すぎて、繋ぐ過程でトラップミスやらパスミスで相手にとられる場面が多すぎたし、縦に出してはリターンばかりではなかなかペナまで到達出来なくイライラさせてくれるに終始した。

中盤でボールを奪ったとしたら、そこからシュートまで2本か3本のパスでシュートというような決定的なシーンにもっていかないとなかなかゴールにはならないと思うし、シュートまで2秒〜3秒でないと崩せない。
セットプレー以外の得点シーンはたぶん、そんな短い時間ではないかと思う。

1月10日の対かながわクラブ戦はけっこう早い崩しが出来たのに、この試合は全くそういった場面がなかなかでなくて、3本目でちょこっと出たかなと言ったところだったがシュートが枠の中まで
行くことはなかった。
相手もメンバーを落として来たような感じだったし。

岩崎君にはぜひとも再戦させていただきたいし、今シーズンの頑張りに期待したい!

今週末は、カップ戦のvs大沢FCとの試合が控えている。
2010年のリーグ戦では完膚なきまでにやられているわけで相当頑張らないと勝てないと思うし、苦手意識を払拭させないとね!


b0005596_8113971.jpg
b0005596_8114975.jpg
b0005596_8115882.jpg
b0005596_812755.jpg
b0005596_8121939.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12699084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2010-01-20 08:12 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)