日本開催について

2018、22年ワールドカップ招致を目指す国内開催候補地が発表された。
開幕戦、決勝戦の実施に必要な8万人規模の会場は申請されていない。
こんなんでワールドカップ招致活動をする意味があるのだろうか。
招致活動資金として、今シーズンのJリーグ各クラブから売り上げの1%を徴収するそうな!

なんか今の時代にそぐわない活動ではないかい!
やくざじゃあるまいし、この苦しいクラブ運営の中からロビー活動のために1億5千万円も徴収する。
大分なんて,1年持つかどうかもわからないダニ!
そんなチームがJ1、J2併せてゴロゴロいるずら。

協会は5億拠出するそうだが、これだって子供たちを含めた登録費だって入っている。
8万人規模の会場を作るというような、箱もの行政はもう時代遅れだし。

よくよく考えれば、2010年南アフリカ、2014年ブラジルとくれば、2018年はどんなことがあっても100%ヨーロッパ開催!というのは素人でもわかる。
アジアでやるわけがない。
日本の立ち位置を考えてほしい。
極東だに!
日本を中心にした平面的な世界地図では中心だけんど、地図の真ん中は太平洋で海ずら。
こんな地図ほんとはあり得ないのに。
日本ってけっこう奇跡な国ではないかい。
こんア極東で文化も経済も発展している国って普通はあり得ないと思うし、昔からよその国からしたら東夷やら魏やら倭のレッテルを貼られている。
サッカーだってベスト8に入っていない後進国だ。
今大会のベスト4はあくまで目標なんだから。

世界のサッカーシーンから考えても、ヨーロッパと南米がサッカーの中心で、交互開催だったのが
、たまにはその他の大陸にもやらしてあげようかというようなスタンスではないかいな!
再度言おう
2018年は絶対ない!

じゃあ2022年はどうか?
USAとオーストラリアが手を挙げている。
USAは8万以上の会場が現時点で7つもあるし、オーストラリアは初めての開催。
どう考えてもこのふたつのうちのどちらかだ。
サッカーは白人が作ったスポーツだ。
残念ながらオラ達日本人は黄色人種だ。
FIFAの会長は白人以外なっていないし、FIFAの会長そのものが利権の象徴なんだから。

このままではオリンピックで無惨に敗れた東京都の二の舞は確実というか「鉄板」だと断言出来る。
これを推進している犬飼会長は加えてJリーグの9月からの開催をいまだに目指している。
ハッキし云って相当おかしい人だと思わざるを得ないのである。
雪降る中でサッカーをやる必要もないし、見たくもない。
かつて川淵会長時代作ったのが「Jリーグ100年構想」だ。
こっちをきちんとやればいい。

8万規模よりもグランドの芝生化や人工芝のグランドを増やした方がなんぼか日本のサッカー少年のためになる。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12671810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2010-01-15 09:06 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)