励ます会に行ってきた

昨夜はみなとみらいのマリノスタウンの一角にあるイタリアンレストランⅠⅤⅠでの『木村和司氏&下條佳明氏を励ます会』に出席して来た。

オラァは小学生のメトロポリタンカップに参加している事務局からのお話だったので、それが中心の会だと思っていた。
そしたら、けっこう日産OBでの励ます会みたいな様相を呈していたと思う。
色んな人が集まって励ますのは大いに結構なんだが、主催者はだれになっていたのかよくわからない会になってしまっていたし、木村さんもこの前の忘年会と違って「木村カラー」がなかったし、木村節も出なかった。

いつもの木村さんのように自分も楽しんじゃえば良かったかも!

下條はア式の後輩なんだが、上尾からア式の江口さんと法政の三上さんの女性軍も着ていた。
よけいこの会の人の集め方がわからなくなってしまった。
ア式関係者はオラァと江口さんだけだし。

会は、ラモスさんや金田喜稔さん、マリーニョさん等々のスピーチで盛り上がった。
金田さんのスピーチで印象にのこったとこがあった。

Jリーグが開幕したとき、最初の試合、ピッチに出る選手たちはみんな泣いていた。
これで俺たちはサッカーで飯が食える!
こういった気持ちを今の選手達も忘れないでほしいし、今の世の中と日本のサッカー事情を思うとき、けっこうきびしいものがあると思う。
ワールドカップで敗退したときの日本サッカーはどうなってしまうのか心配です。

こんなことをおっしゃっていた。

世の中は景気も悪く、宝くじだけが夢ではなんとも情けないし、やりきれない。
少年たちが夢を持てるような世の中、スポーツ環境は絶対必要だと思う。
ただ、金田さんの心配は心配として、だからといってみんながサッカーをやめてしまうなんて環境にはならないと思う。
ただ、サッカーで食っていくことの難しさはこれからもっと大変になると思うし、チームが解散やら撤退は多く出てくると思う。
世の中で会社が倒産したり、廃業に追い込まれるのは世の常だし、行政がパンクする時代なんだから、サッカーだけがそうならないなんてことはないわけで、今後どんどん淘汰されたりするのはまちがいない。
「Jリーグを目指す」なんてかけ声はかけたはいいが,シリツボミなんてことは大いにあるだろうし、現実的な修正をよぎなくされることもあるだろう。

でもそれはそれとして、夢にチャレンジするのはとっても大事なことだし、子供たちが夢を持てるような世の中にしていかなければいけない責任が、オラ達大人にはあるわけで、出来る範囲内でやらにゃあいけないだいね!

そして、マリノスに関していえば、和司さんのトーンが下がらないことを願うばかりだし、和司監督が力を発揮出来るような人的サポート、はっきしいうとカネだして外人穫って来てあげないと!!
下條はそれに全力を捧げてほしいと思っている。
カネないなら、社長にカネかき集めてもらわないと。
育成は育成担当が考えりゃあいい。
1年契約と言うことは1年で結果を出すということだ。

ラモスも言ってた。
勝ってなんぼだ!

当たり前のことである。




             
           
by gsfc_aoshima | 2009-12-21 08:04 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12533745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< グランドの取合い会議に行ってきた トヨタカップを見た >>