監督解任で思うこと

横浜FCの樋口監督が今季限りで解任された。
2年契約の半ばでだ。
横浜Fマリノスの木村浩吉監督も同じく途中解任。
いずれも中長期的なチームつくりを進めるということで単年契約でない契約を結んだということなんだが、結局成績が思うように出せないとやっぱし、結果重視ということなんだろ。
サポーターを含めた世間が許さないということなんだろう。

とはいえ、樋口さんも浩吉さんもよく知ってるだけにちょっと切ないものがあるだで!

今のJリーグを見ているとやっぱし外人次第といえないか?
いい外人、結果を出せる外人がいるかいないかで成績に差が出るというのが如実に現れていないか?

昨年の鹿島はやっぱしマルキーニョスが素晴らしく、おかげでダントツの成績。
今年の鹿島は彼のコンディションが思わしくなかったり、年齢的なものが急激に出たのだろうか、パフォーマンスがかすみだしたらやっぱし苦戦して今の混戦になっている。

フロンターレの躍進もブラジルトリオとチョンテセ

じゃあマリノスは?
韓国の若手だけだし、それもスパーサブでDFの選手を試合終わりにゴール前での競り合いだけでの器用だし、あとサイドのDFでどれだけチームの得点に関係出来るだろうか。
横浜FCに至ってはだれかいたっけというかんじ。
これでは長いシーズンを乗り切れないのは至極当然だ。
ふたりの監督さんだって、そんなこと百も承知だろうが、自分の希望を入れてもらった補強があったとは思えない。

Jの各チームを細かく分析すればわかるだろうけんど、同じ国の外人を3人、バランスよくセンターバック、攻撃的MF、そしてスピードスターのFWが配置されれば、そこそこの成績が残せるというのが今のJの姿だと思う。
日本に馴染んで、独身ではなく家族で来日した選手の方が結果を出してはいないか。
独身はやっぱし若いだけあって、ちやほやされるし、日本の女性が待ち構えているし、サッカーどこではなくなっちまう。なにしに日本にきたのかわからなくなっちまう。
これではなかなか結果を出せなくなるのは当たり前だ。
日本の武士道を愛するぐらいの選手なんてなかなかいないと思うし。
藤猛か闘莉王ぐらいだし!

J1が見えて来た平塚もアジエルが故障して欠場するとすぐ停滞。故障が癒えて出だすと勝ちだす。
こんなもんである。
外人がどんだけ日本に馴染んでいるか、悲しいかな、現実はそういうことなんだと思う。
だからこそ、Fマリノスの監督に就任した和司さんにはいい外人を3人要求してほしいし、自らが人選のためにアルゼンチンやブラジルに行ってくるべきだと思うし、それしないと1年後、またおんなじことをオラがいうことになる。

中長期的というのは結果があってのことであり、プロの監督は1年1年が勝負でもあるわけで、フロントが選んだ選手でやりますなんていうのは、まさにその時点で監督引き受けない方がいいし、若手の育成なんて言うのも、そこまで出来るわけがないのは道理で、まさに1試合1試合が勝負だということだと思う。

やっぱし、外人!
別に悪いことでもなんでもない。
いい外人を入れることで日本人プレーヤーの質も上がるんだからね!
by gsfc_aoshima | 2009-11-26 08:47 | 日本のサッカー | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12391457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lbizkorea at 2009-11-26 11:19
こんにちは。
韓国料理レシピが満載のブログ「アナバコリア 韓国料理レシピ集」です。
韓国料理に興味がありましたら、参考にしてみてください^^
<< 浄水場のグランド 原宿に行く >>