明大戦

昨日、松井の英語の話を最後に出したが、野球の場合は戦術に関して、特に攻撃は監督からのサインで動く。
だからあんまし言葉がわからなくてもなんとかなる。
でもサッカーの場合はサインは全くといってもいいほどないので、監督がどういうサッカーをやるかは言葉で聞かないとなかなかわかりえないので、語学がないと大きなハンデになる。
そういうことも関係してるとは思うが、まあ松井クラスになれば通訳のひとりやふたりを自分で雇っても、彼の年棒からすればたいしたこともないだろうし。

それにしても、まじたいした奴だよね。
高校生の頃のゴジラそのもののような野生児から、風格も、雰囲気やら、言うことばも超一流でほんと自信に満ち溢れていると思った。

さて、松井からア式の明大戦のサッカーのお話をしよう。

このゲームの大きなポイントはJのチームを打ち破り、ノリに乗っている明治に対し、後期2勝しかしていないア式がどう挑むのかというお話であったと思う。

2勝は下から2番目の専修大学とア式のすぐ下にいる神奈川大学である。
その神奈川大学は前節明治に勝っているんでなおさらややこしい。
つまり、戦い方次第では勝つ可能性は大いにあるということだ。

戦術としては後期、松本怜はほとんどFWとして出場している。
たぶん、あの足が速さを見込まれての起用だと思われるが、それが正しいかどうかは結果が全てであるからして、まだ結論は出ない。
もし、オラが監督だったらという前提でモノを云わせていただこう。

1、3年間、松本怜を見て来てやっぱしこの選手はサイドにおいておいた方が力を発揮出来るし、パスセンスがないわけでもない。
FC東京の石川みたいなタイプだろうし、どの監督でものどから手が出るほど、欲しいし魅力的だと思う。
ア式にFWの選手がいないとは思わないので、サイドで使ってもらいたいし、実際にこの試合でもサイドの選手的動きに終始していた。
その時こそ、松本の魅力がふんだんに出されるのを見て取れた。

2、オラはもしツートップだったら、FWのうち1人はきちんとポストができるというか、DFやMFからの縦のパスに対しボールが納まる選手がいるのが好みである。つまり、1人は大きくターゲットになりやすい選手を使う。
だから日本代表にしても、ボールの納まり方では前田みたいのがいいと思っている。
世界のベスト4という時には前田や森本ですらセカンドFWと思うが。
そういう意味ではア式に置き換えた場合はこの試合のメンバーでいうならば反町みたいな選手を先発で行くところまで行く戦法をとる。
反町に納めてからサイドの松本に出すというパターンがオーソドックスというか、攻撃のパターンが増えるからだ。
結果的には得点シーンにしてもカウンターから松本がサイドに流れて縦突破から中に折り返して、長い距離を走った中野のゴールだった。
攻撃のパターンがあまりにもなさすぎた。
相手DFを背中に背負った時の松本はストレスがたまった動きだったわけで、オラだったらヤッパしサイドで使う。

3、マークの甘さをつかれ、ア式の左サイドを明治に徹底的に狙われた。
この試合ではキャプテン中川の動きが重くて、ここを明治の8番の都丸君につかれたことで、DFの意識が左に偏ったことで9番山本君、そして10番の山田君に攻め込まれた。
簡単にタックルに入り、かわされセンターリングを入れられていたし、これが全て3点の相手ゴールにつながったと思う。それほど明治の右からの攻撃は的をついたものだった。
これは中川だけの責任でもなく、あまりにもボランチの山中、柿沼が明治の2列目の山田、都丸を自由にさせすぎていたと思う。
マークが甘かったし、あれではノーマークだったといわれてもしかたない。
明治FWの27番三田君へのマークもほんと甘かったと思う。三田君のあまりにもスピーディで離されるというのではないと思う。
チームとしてどう相手にプレスをかけていくのかはそんなに難しい話ではないとおもうのだが。

4、ア式の運動量が少ない
攻撃の切り替えに対応出来たのは松本と中野大輔のふたりだけだった。
ボールを奪ってから攻撃に移る時のDF陣とボランチはあまりにも動き出しが遅い。
ほとんど止まっていた。
押し上げがないからなかなかこれではくずせない。
自分のラインから前を追い越すうごきなどがほとんどなかったし、フリーランニングをしていたのも中野大輔だけだった。
前半、中野大輔はセンターバックのラインまで下がってボールの受け渡しをしていた。
これは中野の運動量が多いというよりも他のプレーヤーがあまりにも走っていないという証拠ではなかろうか。

5ベンチワークの見極めが悪い。
前半、得点シーンのみが流れの中での攻撃だけだった。ということは明治に対し得点することは難しいことを意味するわけだし、ハーフで交代を含め対応をするべきだったが失点シーンまで何らの動きがなかったのは疑問符がつく。
前節、最下位の東海大に引き分け、この明治に勝てないとインカレには出場出来ない。同点で折り返し、失点=インカレ望み薄ッ!につながるわけで、後半35分に失点してふたり交代ではベンチが寝ていたと言われても仕方ない。
あまりにも無策だし、3人まで交代出来るのに3点入れられてふたり交代だけで満足出来るような内容だったと思えない。
オラならハーフでFWとボランチを入れ替えている。

以上、こんなことを思いながら試合の流れを追ってみたわけなんだが、選手同士の話し合いでも結構、問題解決が出来る中身もあろうと思う。

走ることとマークをピシッとするだけでサッカーが変わるはずだ。
これって監督の役目かい?
選手自身の気持ちの保ちようひとつで大きく変わるし、変えないと!
すべて監督の責任というのはあんまりにも短絡過ぎるし、やるのはヤッパし選手なんだから。
選ばれた選手は100%自分の持ち味を出してほしいし、4年生がどんだけチームを引っぱっていけるかだと思う。
それだけ学生のスポーツは最上級生のまとまりが成績を左右する。

明治のベンチ外の部員やらご家族、OBの応援を見ているとまとまってるなあと感じたのはオラだけだろうか。
by gsfc_aoshima | 2009-11-07 08:24 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12278162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 関東社会人サッカー大会始まった すごいものを見てしまった >>