14人で1億5千万?

デイリーニュースから抜粋
以下の通り
..........................................................................

来日直前まで交渉を続けたが、岡田ジャパンが対戦を楽しみにしていたアデバヨルはいなかった。トーゴ代表は、W杯予選を戦ったカメルーンを出発し、スイス、フランスを経由。約30時間をかけ、成田空港に到着したのはキックオフのわずか24時間前で、予定されていた公式練習と記者会見が中止された。

 しかも、選手は14人だけという寂しい陣容。ベリ監督は「アデバヨルは、クラブの方からプレッシャーがかかった。長旅をさせるのはダメといわれた。私の領域を超えている」と所属クラブに責任を転嫁。さらに、W杯予選敗退で「モチベーションは確かにきつい。ビザの関係で14人になって、心配している。来日が遅れたのは飛行便の乗り継ぎが間に合わなかったから」と、表情を曇らせた。

 今回の3連戦が、貴重な強化試合になるはずだった岡田ジャパンにとっては大誤算だ。戦力半減のトーゴ代表に、犬飼会長は「来日が14選手。ふざけるな!アデバヨルが来ないだけで値段(ギャラ)が変わる」と怒りを爆発させた。試合の契約料は1億5千万円(推定)で、大幅な減額が予想される。

 続けて「運悪く予選でこけちゃった。(スコットランド、トーゴと)マッチメークしたときは想像できなかった」と不可抗力を強調したものの、とんだ赤っ恥をかかされたことも確か。マッチメークの甘さが浮き彫りになり、W杯本番へ暗雲が漂った。
.......................................................................................

以上

犬飼会長が「ふざけるな!」という資格はないと思うな!
あんたはこんなひどい試合をマッチメイクした組織の最高責任者なんだから。
怒るのはスポンサーである「キリン」さんとこの試合を高いお金払って見に行ったお客さんじゃあないかな。
怒るのではなく、日本代表を応援する国民に対して申しわけないと言うべきである。

オラはすでに香港戦の終わったあと、

この直助のブログでこういうみっともないことになるのを断言している。
ワールドカップの予選敗退したチームにやる気なんかあるわけないのはわかりきったことだ。
それならば、韓国やオーストラリアとやればいいし、韓国なんかだったら本戦に出るのは1年前からほとんどわかりきったことだったんではないかい。

トーゴのブロックにはカメルーンがいるだに!
あのエンボマが出た国だに!
勝てるわけがない。
日本サッカー協会からすれば1億5千万円はたいしたことないかもしれん。
でもかの国にしてみたらものすごい金額ではないかい。
ちょっとバカにされていないかい。
スコットランドにはもっと払っているだろうな!
そのぐらい払わないと来てくれないのだけははっきりした。

アナウンサーがトーゴをガーナと連発するようなどこにあるかもしれない国だ。
差別するわけではないが、トーゴのある場所すらわからない。
いまさら極東云々ということすらおかしい話で、こんなことは何十年も前から毎回繰り返されている話である。
あくまでも練習マッチなんだから、代表メンバーのいい加減さなんて当たり前だし、こんな地の果ての日本にまともに来るのはワールドカップ開催ぐらいしかないのである。

日本サッカー協会の人たちはきっとわかっていらっしゃっているだろう。
でもみんないい人たちなんだろうね。
「今度は大丈夫です」って言ったんだろうね。
学習を生かしてほしい。
でも無理だろうな。
きっと責任取らなくてもいい組織なんだろうね。推測だけんどよ!

はしごを外された監督、コーチ、選手の皆さんご苦労様でした。
一番の被害者は皆さんです。
by gsfc_aoshima | 2009-10-17 07:53 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12145933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ア式vs中央大 トーゴ、その2 >>