県リーグ最終節

期日:2009.10.11
相手:工学院Fマリノス
会場:工学院Fマリノスグランド(人工芝)
キックオフ:10;00(45×2)
結果
   横浜GSFC 2(1−2)3 工学院Fマリノス
メンバー
GKーーーーー恩田ーーーー
DFー脇坂ー岩間ー長瀬ー武ー
MFーー大空ーーーー秋山ーー
ー守屋ーー細田ーー山崎ーー
FWーーーー志連ーーーー
得点 志連→細田、工学院、工学院(FK)長瀬→志連、工学院(FK)
交代 岩間→二宮、脇坂→西川、秋山→江原巧、武→江原宏、細田→押久保
退場 守屋

すでに工学院Fマリノスはリーグ1位が確定している。
そして我がCobraは4位以下も決定しており、関東選手権には出られない状況の中でのこの1戦である。
来季につなげるためにもここはいいサッカーをしないといけないし、今シーズン2部から昇格したばかりのチームに1位を奪われてしまう県1部のチームの情けなさみたいなのもある。
こんなことでいいのだろうか?
相手はサッカーをするのが専門の学校なんで、毎日ボールを蹴っているし、若さも相当だ。
うちは、社会人が多く、週末しか全員が集まれない。
かつては水曜日の夜間も練習していたのだが集まりが悪く、土日しかしていない。
相手はグランドも自前の人工芝だし、あまりにもサッカー環境が段違いだが、とはいえ指くわえているわけにはいかないのである。

ここんとこ、DFをのぞいて前のメンバーはほとんど固定したスターティングメンバーだ。
ひきかえDFの4人は毎回ポジションは違うし、この試合も固定出来なかった。
こんな状態がリーグ初戦からずっと続き、固定化できなかったのがチームが安定出来ない象徴だったと思う。
なにせ昨年のメンバー4人ががらりとかわったわけで、後ろが安定しないとやっぱし長丁場は苦しいし、どこかで固定化するだろうと思っていたが最後までダメだった。
この日も今シーズンの第1節のDFのメンバー4人が全員先発でないというのも多いに問題だよね。

出場した選手はそれなりに頑張ってくれたと思うし、2部落ちの危機感の中で3連勝して勝ち上がったのはDF陣のがんばりもあるのだが、そこが精一杯だったのだろうか。


この試合から話はすこしそれるが苦言を呈したい。

それぞれが仕事を持ち、家庭もある者もいる。
もちろん家庭サービスもせにゃいかんのもあたりまえだ。
あるいは学生なら授業もあるし試験もあるし就職活動もあるだろう。
でもうちのチームに所属しているならばもうすこしスケジュール管理をきちんとして欠席がないようにしてほしい。
あまりにも欠席が多すぎるのである。
これではコンディションがいいかどうかもわからないし、メンバーも決められない。

監督、コーチのほうが断然出席率がいいというのは本末転倒ではなかろうか。
チームの恥をさらすようであんましいいたくないがよ。
うちのチームの優しさだと思ってもらっては困るのである。
あんまり出席が悪いのは個人面談しなくちゃあいけないというのも情けないし!
きちんと参加してくれている選手に失礼だと思う。
せめて、土日のどっちかは出てほしいよね。

話を元に戻そうと思うが、こっちの仕事の時間がせまってきたんで続きは明日にしよう。
by gsfc_aoshima | 2009-10-13 07:58 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12119995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 県リーグ最終節その2 当然3連休サッカー三昧 >>