ア式、専修に勝つ!

ア式主務川合クンからのメール
以下の通り
..........................................................................................
メール会員各位

本日行われました関東大学サッカーリーグ第16節の結果をご報告致します。


第16節 vs専修大学 @古河市立古河サッカー場
      1前半0
早稲田 0後半0 専修
     1合計0

得点者(アシスト)
8分 野田 明弘(直接FK)

【早稲田大学メンバー】
スタメン
21.菅野 一弘(商3)
2.野田 明弘(スポ3)
13.岡根 直哉(スポ3)
26.畑尾 大翔(スポ1)
4 .中川 裕平 (社4)
19.山中 真(スポ2)
31.柿沼 貴宏(教2)
6.幸田 一亮(スポ3)→77分 高橋 拓也
30.胡桃澤 祐也(スポ3)→26分 中野 大輔
23.小井土 翔(教2)→87分 松井 亮大
7.松本 怜(スポ4)

サブ
1.河野 猛(社4)
28.高橋 拓也(スポ1)
5.小川 諒(スポ3)
10.中野 大輔(スポ4)
17.菅田 恭介(人4)
11.中川 翔平(スポ4)
15.松井 亮太(スポ2)


現在6位の早稲田大学。
昨日4位5位の直接対決となった駒澤vs慶應戦が引き分けとなり、
勝利するこで上位に一気に近づく事の出来る今節。
何とか勝ち点3を奪い、インカレ出場圏内の4位を射程圏内としたい。

試合は開始直後早稲田がペースを掴む。
前節筑波戦での開始15分で3失点という守備面での課題を試合前に入念にミーティングしたかいあり
立ち上がりは集中した守備と、積極的な攻撃で専修を圧倒する。
すると迎えた8分。相手ゴール前の絶好の位置で早稲田がFKを得る。
キッカーは野田。野田が蹴ったボールは、ゴール左隅へと吸い込まれていき早くも先制点。
前節での反省点を活かし、試合開始早々の8分で先制点を挙げる。
その後は早稲田がポゼッションで相手を翻弄し、危なげなく1-0のまま前半を折り返す。
しかし専修もこのままでは終わらない。
後半開始直後より、長短のパスを織り交ぜた変化の富んだ攻撃でリズムを作り
幾度となく早稲田ゴールを脅かす。
しかしこのピンチを、後期からスタメンに定着した1年生CBの畑尾を中心に跳ね返し相手に得点を与えない。
試合終了間際には、早稲田FWの松本が俊足を活かしカウンターからチャンスを作るも得点には至らず試合は1-0のまま終了。
勝ち点3を勝ち取り、5位慶應との勝ち点差を2と縮めた。


次節は、vs中央大学
10/17(土)11:30キックオフ
@川口市青木町公園総合運動場:
京浜東北線西川口駅東口からバス「川口駅東口」行き、「青木町公園入口」下車すぐ


応援よろしくお願い致します。
............................................................................................................
以上
下位に低迷しているとはいえ、後期、ダントツのトップを走る流通経済大学を破り、国士舘にも勝ち、上位を苦しめる後期2勝2敗の専修大学戦である。
最少得点とはいえ.よくやってくれたと思う。
こういう試合が一番しんどいよね!
一番神経使うよね!

これからは上位のチームとの対戦が続くわけで、どう戦っていくのか見ものである。
うしろのメンバーが固定出来れば望みも出てくると思う。
by gsfc_aoshima | 2009-10-04 07:31 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/12061507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 横浜国際チビッ子大会が始まった! 今日で2009回 >>