ア式、国士に完敗だよね!

ア式主務川合クンからのメール
以下の通り
...............................................................................................
本日行われました関東大学サッカーリーグ第13節の結果をご報告致します。


第13節 vs国士舘大学 @埼玉スタジアム2002 第二グラウンド
      0前半1
早稲田 0後半2 国士舘
     0合計3

得点者(アシスト)
23分 国士舘
63分 国士舘
78分 国士舘

【早稲田大学メンバー】
スタメン
21.菅野 一弘(商3)
2.野田 明弘(スポ3)
5.小川 諒(スポ3)
26.畑尾 大翔(スポ1)
4 .中川 裕平 (社4)
19.山中 真(スポ2)
31.柿沼 貴宏(教2)→81分 菅田 恭介
10.中野 大輔(スポ4)
20.奥井 諒(スポ2)→61分 幸田 一亮
7.松本 怜(スポ4)
11.中川 翔平(スポ4)→76分 松井 亮大

サブ
1.河野 猛(社4)
28.高橋 拓也(スポ1)
6.幸田 一亮(スポ3)
17.菅田 恭介(人4)
25.上村 俊介(スポ4)
23.小井土 翔(教2)
15.松井 亮太(スポ2)


前節2-0で後期開幕戦を見事勝利で飾った早稲田イレブン。
この勢いのまま連勝といきたい13節目の相手は国士舘大学。
現在7位と調子の良くない国士舘だが、個々の能力が非常に高く、決して気の抜くことの出来ない相手である。

試合は開始早々から早稲田が主導権を握る。
DFラインからのビルドアップにより、リズムを作りボール支配率では国士舘に差をつける。
流れの中かから、奥井・中川翔が立て続けにシュートを放ち先制点も時間の問題かと思われた。
しかし思わぬ落とし穴が待ち受けていた。
前半26分。国士舘屈指のドリブラー柏にドリブルでDFラインを突破されるとそのままGKと一対一。
GK菅野は必死にボールに飛びつくも、一瞬遅れ相手を倒してしまいPKを与えてしまう。
これを国士館が冷静に決め先制点を奪われてしまう。
その後早稲田は何とか前半のうちに同点に追いつこうと猛攻にでるも、決定機を決めることが出来ず前半を0-1のまま折り返す。
後半開始後も負けられない早稲田は、スピードスターの松本を中心に国士舘ゴールに襲い掛かる。
60分過ぎにはゴールネットを揺らすものの、オフサイドの判定でノーゴール。
その直後の63分。先ほどのノーゴールの判定で集中力が一瞬きれた早稲田DF陣の隙を突かれ
国士舘に追加点を奪われてしまう。
その後運動量の落ちた早稲田は78分にも追加点を許してしまい3-0とされる。
終了間際にFW松井を投入し、流れを引き戻しつつあったが3-0のまま試合終了。
開幕2連勝を飾ることは出来なかった。


次節は、vs法政大学
9/16(水)15:30キックオフ
@埼玉スタジアム2002第2グランド:
埼玉高速鉄道「浦和美園」駅より徒歩20分
※駐車可

応援よろしくお願い致します。
............................................................................................................
ハッキし云って今のア式は強いのか弱いのかどっちなんだろう
弱いんだろうな!
次節は最下位になっちまった法政戦
法政も猫の目のようにメンバーが変わっている。
どちらも似ているというか、けが人ばっかしなんだろうか?
メンバーが秋になっても固定出来ないということはキビシいよな。
by gsfc_aoshima | 2009-09-13 07:46 | ワセダ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/11922939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 情けない結末 高久いたるのこと >>