県社会人1部リーグ第9節

期日:9月6日(日)快晴&ナイター
対戦相手:横浜猛蹴
会場:横浜市青葉区 谷本公園G
時間:19時キックオフ 
結果:横浜GSFC 3(2−2)2 横浜猛蹴
得点:10分小山→山崎→守屋、25分大空→志連、33分猛蹴、34分猛蹴、89分小山(FK)→外池
メンバー

GKーーーー恩田ーーーーー
DFー武ー二宮ー長瀬ー小山ー
MFーー押久保ーー大空ーーーー
 ー守屋ーー山崎ーー細田
FWーーーー志連ーーーー

交代  25分守屋→田巻   70分田巻→外池  85分武→脇坂  
退場  60分長瀬(警告2回)

総評
第1の勝因は長瀬の退場で10人になったのにも関わらずGK恩田を中心に守りきったのがロスタイムでの外池のヘッドを生んだ。
第2、第3もあるのがそれよりも両チームとも最後まで走り抜き、前日の日本vsオランダ戦よりも見応えのある好試合だった。
県リーグでもここまでやってくれれば、もっとたくさんの人に見てもらいたいほどのゲーム内容でなかったかと思うし、試合を観にきたJr.ユースの選手達にもいい勉強になったのではないだろうか!
とにかく最後までボールを追うという姿勢がいかにサッカーを含めスポーツに必要かだと思う。
戦術、戦略とっても大事なんだが、意義を感じ、この試合の意味も感じ、あきらめずプレーをするというのがどれほどスポーツに大事かというのがわかった試合ではなかったか!
2009年の最高のゲームだった。
両チームの選手全員に拍手を送りたいし、こういうサッカーができれば県リーグのレベルも上がると思う。
ご苦労様でした。

採点
GK 恩田 7.5 とにかくこの試合は当たっていた。よく守ってくれたがゴールキックは頼むよ!
DF 武  6.5 頭からの大出血もあり涙が出るほどだった。よく守り頑張った
DF 二宮 6.5 最後まで集中が切れなかったし、選手の信頼も厚い
DF 長瀬 5  退場は不幸だったが冷静になることも大事。みんなに救われ次は汚名挽回だ。
DF 小山 7  背中の相手が見えなくなることもあったがよく守った。決勝点のアシストは見事。
MF 大空 7.5 よく拾いよく攻める。そして走る。勝利の基点はゾラのがんばりから!
MF 押久保7  相手FWのスピードにも対応出来、途中からは最後尾でよく守ってくれた。
MF 守屋 6.5 先取点は見事だったが早々のケガでの退場が惜しまれる。
MF 山崎 7 先取点の裏への走りや、見応えのあるプレーをしてくれた。不用意なバックパスあり 
MF 細田 6 前節とは打って変わって消えていた場面が多かった。シュートを打ちたい。
FW 志連 7 FWの基点になって機能し、本来持っている良さが2点目に表れた。
MF 田巻 6 10人になったことで交代になったのが惜しまれる。好調を維持している。
FW 外池 8 あんなゴール見たことない。スローモーションでいまだに映像が残っている。9点をあげたいが得点シーン以外は消えていたのであえて8にした。
DF 脇坂 6 短い時間ではあったがよく守ってくれた。
b0005596_6101842.jpg

by gsfc_aoshima | 2009-09-07 06:02 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/11882571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 関東大学後期始まった。 最後ボロボロのオランダ戦 >>