夢は見るものではなく叶えるもの

実はオラァの弟の秀助が自分のブログでオラのことをこれ以上ないかのように持ち上げてくれている。
はしご落とされても本望だよというぐらいのもちあげよう。
えぇ〜うれしいじゃないかい。
身内同士で賢兄賢弟とほめあってこれいじょうの兄弟愛はないだに!
MIXIのブログなので見たくても見られない。
だから、ここはぜひともお得意のコピー&ペーストでみなさんに全てをご紹介しよう。

もちろん、本人の承諾なんぞは受けていない。
何せ今日からソウルだそうで、うらやましいことこのうえないし、ご紹介したら本人大喜びだって言うんだから!

003.gif
以下の通り
....................................................................................................................
明日からソウルに行ってくる飛行機

静岡県西部地方の早稲田大学校友会組織である、我々の「遠州稲門会」と、ソウルにある「ソウル稲門会」との懇親会のためだ。
あおちゃんは、いつもの通り、懇親会の最後を飾る「早稲田のうたコーナー」を担当。
「早稲田のうたコーナー」の「営業」で、静岡県内をくまなくまわり、果てはこの6月には「那覇稲門会」・・・そして今回のソウル稲門会と、あおちゃんの「早稲田のうた伝道師」としての活動は、ついに海外にまであっかんべー

ソウル稲門会のメンバー構成・・・
大きく分けると、早稲田に留学した韓国人の皆さんと、仕事でソウルに駐在している日本人の皆さん、だそうだ。
特に韓国人の皆さんは、なかなか早稲田のうたを歌う機会がないようなので、この際、チカラいっぱい歌っていただきたいものだ。
実際、「わざわざ応援部のOBが二名もきてくれる」ということで、大きな期待も寄せられているようだわーい(嬉しい顔)

あおちゃんも、せっかくソウルにまでいってやらせてもらえるので、気合いは十分入っている右斜め上
今回は、もちろんうたコーナーの司会進行と、「紺碧の空」の指揮、そして十八番の「人生劇場」るんるん

今日、先発隊として出発した後輩に、伴奏用テープと進行表、お一人お一人に配布する歌集などを託した。

ソウルの皆さんに喜んでもらえるのが、ホント楽しみわーい(嬉しい顔)

そういえば、あおちゃんの長兄である「直助さん」のブログ・・・「直助の球蹴り妄想記」の、昨日今日の日記で、あおちゃん日記が「勝手に」引用されている。
嬉しいし、名誉なことだよねウインク
直助さんは、小学生の頃から地元では超有名人だった・・・
もちろん「変人、いや変態として電球」
いやいや、違うあっかんべー
学校で一番目立っていたぴかぴか(新しい)
そういう子供っているよね。
それは、高校、大学でも。
よく考えたら、直助さんとは、小学校、中学、高校、大学と先輩後輩になるんだね。
あおちゃんが高校に入ったら、「えっ、おまえはあの直助さんの弟さんか」
まるで、警視庁刑事局長を兄に持つ「浅見光彦」みたいだねあっかんべー
早稲田に入ってからも同じ。
兄は、サッカー大学日本一にもなった。
「おぅ、おまえはあの直助の弟か」と、何人の人から言われたことか。
そんな兄だから、「この兄にしてこの弟あり」と言われたかった。
けれど、それは未だ叶えることのできない夢。
「夢は見るものではなく叶えるもの」とは、JunP君の名言だけれど、いつかそんな風に言われてみたいグッド(上向き矢印)

.............................................................................................................
文章の語尾がおかしいのは、絵文字を入れてるからで、まあこれもご愛嬌だな。

Junpクンとは、パラリンピック(バルセロナから北京までの5大会)で金メダル5個、銀9個、銅7個ほどとっているあの盲目のスイマーの学校の先生で『早稲田命』の河合純一さんだと思う。

いい言葉だよね!

「夢は見るものではなく叶えるもの」

あきらめたらいかん!
ダメだと思ったらいかんということだよね。
そして目標はたえず高く持ち突き進む。
もうやるしかないよな

河合純一先生のホームページはこちらです。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/11869549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2009-09-05 06:25 | ワセダ | Trackback | Comments(0)