選挙結果

選挙の結果は民主党の大勝利に終わったわけだが,選挙戦初日、たまたま戸塚の町を歩いていたら,ある候補者の出陣式に出会った。
この日はものすごい暑い日だった。
そう,与謝野さんが選挙カーの上で立ちくらみして気持ちが悪くなったあの日である。

ものすごく暑いし,ちょっと日陰があったので立ち止まって聞いた。
横浜市長に立候補する女性候補も選挙カーの上にいたし。
まわりは支持者ばっかしだったような感じでなんか違和感を感じていたがよ。
立ち止まって10秒もしないうちに『ご苦労様です』と云ってペットボトルのお茶を配ってもらった。
自然に手が出て『あっありがとうございます』
ぐぐっと飲んで1分でその場を立ち去った。
暑かったし,タイミングばっちしだった。

そして投票日、もちろんその人の名を書いた。
これって買収?
たかがペットボトル、されどペットボトル。

オラん弟の秀助が自分のブログにこんなことを書いていた。
静岡3区(オラの実家の磐田地区)は早稲田後輩の小山クンが民社党候補として当選したわけだが、開票2分で当確がでたそうだ。
選挙期間中のブログをそのまま了解もなしにここに載せる。

以下の通り
.........................................................................................................................
今日は、衆議院選を戦っている小山君のところに行ってきた。
お昼休みを利用しての磐田までの往復だったので、「応援」なんてことはできない。
それでも、選挙事務所に差し入れのリポビタンDを1ケース届けて、その足で街頭演説にも行ってきた手(チョキ)

選挙予測は、どのメディアも「民主圧勝」と伝えている。
こうなると、「アナウンス効果」で、随分と自民党への揺り戻しがあるだろう。
「民主圧勝だったら、自民党に入れてあげようか」という風に思う人が随分出るに違いないあせあせ(飛び散る汗)

小山君も、「柳沢さんをリードしている」と新聞や週刊誌は伝えているチャペル
こうなると、「不利」だと言われている柳沢さんが、俄然有利になってくる。

街頭演説の観客は、あおちゃん一人だったー(長音記号2)
あおちゃんの姿を見つけると、選挙カーから飛び降りた小山君が走り寄ってきた。
「あ〜、あおちゃん先輩じゃないですか。この場所は偶然ですか」
「いや、選挙事務所で、時間と場所を聞いてきた」
「え〜、それは本当にありがとうございますあせあせ(飛び散る汗)先輩が聞いているかと思うと、演説も緊張します」
と言って、演説が始まった。

驚くのは、通りすがりの車から、本当に多くの人が手を振ってくれること。
わざわざクラクションを鳴らしてくれる人もいる。
そのうち、自然と人も集まってくる。
「旧来型」の選挙の自民党候補だったら、こういった場所には「動員」をかけておくものだけれど、「新しい選挙」はやっぱり違う目

演説では、もっと驚くことがあった。

「私が一番大事にしている歌があります。
その歌にはこうあります。
東西古今の文化のうしほ 一つに渦巻く大島国の
大なる使命を担ひて立てる 我等が行手は窮り知らず・・・と。
日本は、この歌にあるように、アジアひいては世界に貢献できる国家でなくてはなりません。
私に是非その使命を担わせてください」
信じられないことに、早稲田大学校歌を、衆議院選挙での街頭演説で披露してしまった。
もちろん、あおちゃんが聞いていたからだろう。
それを差し引いても、こんなに感動した演説は今までないたらーっ(汗)
民主党の、各候補に共通する演説原稿には、早稲田の校歌なんてもちろんないはず。
こうなると、「民主党」じゃなくて「早稲田党」だねあっかんべー

演説のあと
「校歌にはびっくりしたよ」
「いや、あおちゃんさん、早稲田の校歌には、ぼくの政治信条が満ちています。」
「最後までカラダに気をつけてがんばってね。30日を楽しみにしているよ」
「ありがとうございます。あおちゃん先輩に来ていただいて、涙が出るほど嬉しかったです」
最後に堅く握手を交わして、小山君はまた選挙カーの人となった。
あおちゃんは、クルマが見えなくなるまで精一杯手を振ってあげた。

本当に、あと一歩、何とか勝って欲しい手(チョキ)
.............................................................................................................................

小山クン、あったことないけどけっこう愛するバカだよね!
でも早稲田応援部OBの秀助にしてみたら、「感涙とどまるところしらず、心中早稲田バンザイを三唱したり!」
こんなところだろうか?
とりあえず弟の後輩ということはオラの後輩にもなるわけで小山クンおめでとうといいたいが、うかれている暇もなく、初心を忘れずお国のために命かけてほしいダニ!
by gsfc_aoshima | 2009-09-02 05:53 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/11848885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 選挙結果の続き 県リーグ第8節vs日立小田原戦 >>