小田原招待観戦記

いろいろ心配していたジュニアの小田原招待ではあったが、予選リーグ2勝1敗、2位パート決勝トーナメントで2位(2勝1敗)となった。5年生が半分以上の可愛いチームではあるが、試合ごとに修正を重ねて行った結果、そこそこのレベルアップができたんではないかなあと喜んでいる次第。
決勝は、なぜか、全員の足もとまり、コンビネーションも悪く、別のチームの様相を呈していた。相手チームとはほとんど同レベルだと思っていたので、4−0の大差はいただけない結果
だった。左サイドを最後までつかれていたので、2点目入れられたときに動くべきだった。

準決勝の試合をチェックしていたのでご報告
横浜GSFC  2( 0−0)1 芦子FC
前半より、全開でのボールへの寄りで相手に自由にさせない特長がでていた。思い切りのよいシュートもあり、完全にGSのペースであった。サイドの大森の突破からいいリズムをつくっていた。後半トップにいた曽谷をボランチにさげ、針川をトップに上げてからリズムが良くなり、23分ゴール前の混戦から古川のシュートで得点
25分安田が左サイドをくずしてから右へ流れたボールを針川がいまく走り込んで追いつき、すかさず、ショートのセンタ-リング、真ん中にはいってきた安田が軽くプッシュで追加点。
28分に左サイドをくずされ右からドリブルシュートをされ,失点したが、その場面以外は危ない所もなく、完勝であった。
中盤でボランチの曽谷が拾いまくったことでバックが安定したことが勝利に結びついたと思うし、臨機応変なポジションの変更ですぐさま結果がでたことは、ベンチワークも良かったと思う。

 プレーヤー寸評
GK 五十嵐 7    状況判断、思い切りのいい前への動きは別人のよう。いいべぇ!
DF 山下    6.5 前めのポジションの時は、見ていてストレスたまったが、サイドバックはええぞ!  DF合ってるかも
 下  7     読みが秀でている。安定感もあり,周りの選手の信頼感も増した
  坂本     6.5 キックは相変わらず悪いが、抜群のねちっこさで相手にからむ
  堤        5.5 無難なプレーが多いが、もっと力強さと思い切りが必要かも
MF  曽谷     6      この試合に関しては、今イチであったがサッカー観が素晴らしい。高い身体能力は驚くべきものがあるが、落ち着いたプレーと、  ボールが出てくる場所を察知する能力がある。  しいていうならシュート練習がちょっとひつようかな
 大森     7.5 「前に行く」というがむしゃらさがいい。蹴散らしていくようになったら、  チームとしてサイドからの攻撃が本物になるかも
古川     7       最初の得点がチームに与えた影響は大きい。キックがもう少し飛べるようになったら、ええかも
安田     7      サイドを縦にいくことの徹底が必要。中盤で味方がボールを持ったときライン際まで開いて,足もとでボールをもらうのでなく前でもらえ
FW 江成    5.5 ボールをもらったときの動作がおなじなので相手に読まれやすい。ひたすら、ヘッディングの練習を
 針川    6      FWにポジションをかわってから本領発揮した。江成とおなじでヘッデングの練習。特にゴール前に裏からニアに走り込んでのヘッドをさせたい

ベンチ       7      よかっただら

                         
 
  
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/1138081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2004-11-24 07:33 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)