全国今年もダメだった

主務太田クンからのメール
以下の通り
...............................................................................................................
総理大臣杯 関東予選 3回戦 13:50キックオフ
vs筑波大学 @中央大サッカー場

0前半3
早大 2後半1 筑波大
2合計4

得点(アシスト)
12分 筑波大
40分 筑波大
44分 筑波大
54分 富山(奥井
70分 筑波大
89分 山中(野田)

スタメン
GK 菅野 一弘(商3)
DF 野田 明弘(スポ3)
DF 小川 諒(スポ3)
DF 服部 大樹(スポ4)→45分 松本 怜
DF 中川 裕平(社4)
MF 山中 真(スポ2)
MF 幸田 一亮(スポ3)
MF 奥井 諒(スポ2)→80分 中野 大輔
MF 胡桃澤 祐也(スポ3)→60分 中川 翔平
MF 畑尾 大翔(スポ1)
FW 富山 貴光(スポ1)

サブ
GK 河野 猛(社4)
DF 菅井 順平(スポ1)
DF 佐々木 景一(スポ4)
MF 中野 大輔(スポ4)
MF 中野 遼太郎(スポ3)
MF 松本 怜(スポ4)
FW 中川 翔平(スポ4)
戦評
2日連続試合という過酷な日程で、コンディションは決して良いとは言えない早稲
田。対する筑波は、昨日の2回戦を控え組中心で挑み、本日は主力で出場する、徹底
したコンディション作り。体力勝負となる前に、先制点を奪い試合を楽に進めたいと
ころ。

序盤、早稲田は、疲労を感じさせないプレーで試合を支配する。2度の野田の蹴った
ゴール付近のFKは相手GKの好守に阻まれるも、良いリズムで試合に入ったように思わ
れた。しかし、筑波の中盤でのドリブル突破に苦戦するシーンが増えると、12分、こ
ぼれ球に強烈なミドルシュートを許し、先制点を奪われる。するととたんに足が重く
なり、筑波の積極的なドリブルにDFラインがずるずると下がると、前半終盤に立て続
けの2失点。前半で試合を決められてしまう。

後半に入り、失うものはない早稲田は、前半には見られなかったテンポよいパス回し
とサイド攻撃で筑波ゴールに攻める。すると、相手ペナルティエリア内の混戦から、
富山が蹴り込み、1点を返す。一気に士気の上がった早稲田は、試合のペースを完全
に握る。だが、厚みのある攻撃で何度も決定機を迎えるも、筑波DFのギリギリの踏ん
張りに、なかなか突破できない。また、相手ペナルティエリア内で、あわやPKという
シーンを2度も迎えるも、審判の笛は鳴らない。逆に前掛かりになったところをカウ
ンターで狙われ、失点を許す。気持を全面に出したプレーで終盤なんとか1点を返す
も、試合終了。

 結局前半の失点が最後まで重くのしかかってしまった形となったが、後半の動きは
選手に希望を感じるものであった。これで総理大臣杯は敗退となってしまったが、後
半に奪った2点が今後に繋がる2点であると信じて、月末の早慶戦に備えたい。
次の試合は、第60回早慶サッカー定期戦
6月28日19:00キックオフ @国立競技場
応援よろしくおねがいします!
...........................................................................................................................
以上

なにもいうことはないだいね!
こんなもんかと思ってしまう自分の気持ちがなさけない。
がんばってほしいなぁ!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/11264049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2009-06-15 05:54 | ワセダ | Trackback | Comments(0)