5時起きで出発ずら

 釣りに行くわけではない。サッカーの試合に行く。8時半キックオフ、会場は小田原の河川敷、小学校高学年の試合、決勝トーナメント、小田原招待である。
負ければおしまい。けっこう辛いもんがあるずらよ。

釣りといえば、昔はよく行っていた。20年前サッカーを地元の子供達に教えだしてからは、ほとんど行った事がない。毎週末はサッカーに明け暮れていて、釣りどころではなかった。その前は、平日が休みだったので、休みはゴルフか釣りのどちらかだった。
船舶2級までとったのに、とっただけで一度も更新しないで終わった。もう免許更新できないのかなあ。

得意は黒鯛釣りで、いつも行っていたのは猿島横の三つ磯、カニえさでの流し釣りで竿は鮎竿だ。ひたすら長い6尺竿で腰まで水につかりながらの流し釣り。
リールは極小の太鼓型で中通しで穂先まで、道糸は1号。この細さも鮎竿のしなやかさでなんとかなってくれる。あとはかにがとことこ海底をこれみよがしに歩いてくれるだけである。そして黒鯛がかにをいたぶる。わずかなあたりも竿先は見逃さない。いけば必ず5枚はつり上げていた。だいたい45センチオーバーである。
写真もあるから間違いねぇずら。

自分でいうのもなんなんだが、けっこうマニアックずらよ。釣り師はおおげさで話半分の6掛けかもしれねえが、直助の場合は話真実で、80パーセントぐらいに落としての発言だぁ。
まあ黒鯛釣りに関しては、関東一だった。もちろん自分の腕ではなく、釣り場がだ。
三つ磯に黒鯛の通り道があるのである。これほど釣れる場所はほかにはないとおもう。
もちろん、いまでも釣れるだろう。俺たちがポイントに入らなくなって20年なんだから(釣れすぎて飽きちゃったし、もう黒鯛は食べたくないとの総スカンもあり〜ので)、今行けば、イレ食い状態はまちがいない。ガキでも主婦でも大笑いで釣れるはずだ。

サッカー以外をご披露したのははじめてだが、いろいろ釣りではヤッテルベ。
バブル真っ盛りのころは、カジキ釣りだもんな。懐かしい時代だずらよ
ただし、関内方面での夜のおか釣りはとんと縁がなかった事を付け加えておくだらよ
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/1121876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2004-11-23 05:48 | どうでもいい話 | Trackback | Comments(0)