全員でつかみ取った勝利

社会人県1部リーグは出だし2連敗、もしヴェルドレーロ港北との第3節に敗れるようだと、上位はおろか一気に降格圏内まっしぐらの状態となる。
これ以上の停滞は許されない、崖っぷちの状態でもある。
そしてメンバーを見ると、FW,MFのサブは川井田ひとりで、あとはDFのサブばかり。
いつもはDFがいないのにこの日は誰しもが交代できない。

この日の布陣はGKは久々の先発の恩田。
DF右から二宮、長瀬、岩間、小山。
ボランチに秋山、大空。
2列目右から山崎、武、江原宏
そしてワントップに田巻

笠原監督、小田村コーチが考えに考えた布陣である。ていうか、もうこれしか人がいないから!
やりようがないから!
田巻や宏は2009年シーズンに入って結婚式もあったりで90分フルタイムなんかやってないし!
足さえつることできない状態である。

結果から言えばこの布陣がずっぽし当たった。
開始1分、オラが自販機の缶コーヒー買いにいってる間にⅠ点入った。
だから、シュートシーンは見ていない。
なにせ20分過ぎた頃に1−0というのがわかったぐらいだから!
今日も点入らないのかよと思っていたから。

前半は二宮、山崎の右サイドがスペースができ、面白いように突破できた。
シュートは枠に行っているのだが相手GKのファインプレーが続いた。
結局、開始1分の武のシュートを、最後まで守ったという結果だった。

けっこう盛り上がった。
いいプレーが多かった。
オラが思う、いいプレーとは、みんなが汗をかいて最後まであきらめずボールを追ったということだ。
最後まで声も出た。
フィールドもベンチも。
みんなが勝利を欲していた。
そして勝ち取れた。

けっこう感動した。

GK 恩田 7.5 最後の笛まで味方を鼓舞し続けた。後半35mの超ロングシュートを指先で当てた。あれが入っていたらと思うとぞっとする。この試合のMVP
DF 二宮 6.5 よく走っての上下動。いいクロスもあげてくれた。相手14番の信じられないスピードを押さえた。
DF 長瀬 7  この試合の陰のMVPといってもよいかも。落ち着いたプレーと味方への的確で正確なパスを供給した。
DF 岩間 6  後半早々ケガで交代する。思っていた以上のケガで長引くかも。落ち着いたプレーができていた。
( 西山 6.5  ヘッドの競り合いで一度も負けなかったことでチームに多いに貢献してくれたが、相手FWに簡単に前を向かせる点を修正したい)
DF 小山 6.5  からだを張ったプレーが最後までできた。

MF 秋山 6  小気味よいボールタッチとパスで存分に持ち味を出していた。大空とのコンビネーションも良いが横パスは気をつけたい。
( 川井田 6 プレー時間が短かった。今がチャンスなので頑張りたい)
MF 大空 6.5 勝利して一番ほっとしているのがゾラかもしれない。この試合も最後まで足が止まらなかった。
MF 山崎 6 前半の切れ切れのプレーとシュートは圧巻だった。GKのファインプレーで2点は損をする。後半はボールが廻らなかった。
MF 武  6.5 唯一のゴールで殊勲者ではあるが、その後のプレーにはもっと高い質を要求したい。それが出来るプレーヤーなんだから。
MF 江原 6 久々の先発だったが期待に応えてくれた。
(田辺 6 長瀬をボランチにあげてCBに入ったが相変わらずのプレスは見るべきものがあった。

FW 田巻 6.5 最後まであごがあがらなかった。まさに感謝である。


b0005596_815119.jpg
b0005596_8151334.jpg
b0005596_8152965.jpg

トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/11146855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2009-06-02 08:15 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)