4連勝はダメだった

ア式主務川合君からのメール
以下の通り

お世話になっております。
本日の関東リーグ第4節の結果をご報告いたします。

第4節 vs流通経済大学 @埼玉スタジアム第3
      0前半3
早稲田 1後半0 流経
     1合計3

得点者(アシスト)
89分 奥井 諒

【早稲田大学メンバー】
スタメン
21.菅野 一弘(商3)
2.野田 明弘(スポ3)
13.岡根 直哉(スポ3)
3.服部 大樹(スポ4)
4 .中川 裕平 (社4)
19.山中 真(スポ2)
17.菅田 恭介(人4)→71分 胡桃沢 祐也
7.松本 怜(スポ4)→25分 幸田 一亮
20.奥井 諒(スポ2)
11.中川 翔平(スポ4)→79分 鈴木 隆司
33.富山 貴光(スポ1)
サブ
1.河野 猛(社4)
12.佐々木 景一(スポ4)
6.幸田 一亮(スポ3)
10.中野 大輔(スポ4)
34.胡桃澤 祐也(スポ3)
23.反町 一輝(スポ4)
26.鈴木 隆司(商3)

開幕3連勝で首位と、最高のスタートを切った早稲田であったが、昨年のディフェンディングチャンピオン、2位流通経済大との試合は厳しいものとなった。
昨年は一度も勝てなかった苦手の相手だが、序盤から一進一退の攻防が続く。何度も決定的なシーンを迎えるも、なかなかものにできないでいると、攻撃の要の松本怜の負傷退場を皮切りに、流経大の素早い攻撃に19分、27分、32分と立て続けに失点してしまう。悪い流れを引きずったまま、前半を折り返す。
後半に入ると、前節まで無失点だったDF陣も目を覚ましたかのように安定を見せ、なかなかシュートを打たせない。しかし、途中から出場した幸田を中心に、度重なる決定機を
演出するも、ゴールが遠い。69分に菅田がGKをかわし放った決定的なシュートも、相手DFの好プレーに阻まれてしまう。胡桃澤、鈴木と、攻撃的な選手を次々と投入し、前に出るも、流経大の巧みな時間の使い方にフラストレーションばかりが溜まる展開に。終了間際に奥井が一矢報いるも、時既に遅し。完敗を喫し、順位も3位に落とした。

一枚上のサッカーを見せ付けられた試合となってしまったが、最後返した1点が次に繋がる1点となったに違いない。次の慶應との上位対決を制し、再び浮上のきっかけにしたい。


次節は、vs慶應義塾大学
5/3(日)11:30キックオフ
@西が丘サッカー場
都営三田線「本蓮沼」から徒歩10分

今後とも、ご支援の程、宜しくお願い致します。


以上

※3連勝はともかく、ほんとに底力があるかどうかは、この流通経済大とのゲーム、そして次節の慶応戦で試される。
流通経済大とのゲームに関してはやっぱし、「甘くはないよね!浮かれていたらズルズルだに!」こんな感想だ。

慶応とのゲームでDF陣がどこまでしのげるか、FWが慶応の裏にどれだけ走り込めるかだと思う。
気になるのは、松本のケガの具合だが,試合に出れるようだと、期待が持てるのだが!
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/10844452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2009-05-01 07:01 | ワセダ | Trackback | Comments(0)