ゴールだけを考えろ!か!

イタリアはセリエA、カターニャ二所属する森本に関して、代表には興味がないという発言があったんで記事になった。
nikkansports.comを見ると以下の通り

【カターニャ(イタリア)=猪野真美子通信員】カターニャFW森本貴幸(20)が6日夜(日本時間7日)、地元テレビ局REIのスポーツ番組に出演し、クラブでのプレーに専念したい考えを明かした。司会者から「日本代表についてだけど」と聞かれ「行きたくない。カターニャでのプレーに集中したい」ときっぱり。続けて「もし招集されたら?」と振られても「プレースタイルが違う」と、興味を示さなかった。

 カターニャの主力FWに成長し、今季リーグ4得点。ローマ、ユベントスからゴールを挙げ、日本代表入りの期待が高まった。しかし、ゼンガ監督から「ゴールを決めることだけ考えろ」と指示されているのに対し、岡田ジャパンでは攻守両面での幅広い貢献が望まれる。そんな事情もあって、それほど日本代表へのこだわりはないのかもしれない。

 1時間の番組中、森本は通訳を介さずイタリア語で応じた。背番号15について「日本に尊敬するイチローという野球選手がいる。彼の51番から付けた」と話し、電話出演したロモナコGMからは「1年後には集大成として、さらに大きなクラブに行ける」と賛辞を贈られた。

 [2009年4月8日8時35分 紙面から]

以上

ここで注目したいのは代表には興味がないと云ったことばだけではない
ゼンガ監督のことばだ。
「ゴールを決めることだけ考えろ」
これってどこかで聞いた言葉だと考えたらオラが1月に書いていた。

41歳の少年その2でカズのことを書いた。
ストライカーはゴールしてなんぼのもんで、ゴールが大事なんだと!
先ずゴールありきだ。

ただ、勘違いしてもらいたくないのは岡田を否定しているわけではない。
岡田だってDFに比べたらFWにはあんましやいのやいの言ってはいないと思うよ。
それから、このTVを見た現地在住の女性通信員が感じたことを日刊の東京の記者が適当に書いたとオラは考える。
そう適当にだ。「かもしれない」というのが動かぬ証拠である。
森本の言質をとったわけではないし、取材してないんだから。
そこに話を持っていくのはマチガイで真相はこうだと思う。

たぶん森本は岡田監督の戦術云々より、もしフル代表に入ったときの立場を考えていうと思う。
今の立場は中村俊輔ではなく稲本みたいな立場だろうからね!
彼が今1番大事だと思っていることはカターニャでレギュラーを確実なものにすることだと思っているだけで、ここで、ビジバシ、ゴールすれば大ヒョダって呼ばれるのは間違いないだろうし、代表でレギュラーだってとれると思っているわけだ。
今の代表のFWだったら自分のほうがいいとは思っていても岡田監督が招集即レギュラーとはいかないのも、森本はわかっている。
だったら、岡田監督がどうしてもレギュラーとして即、使ってくれるまで、カターニャでゴールしてやろうじゃあないかい!ということだと思う。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/10685781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2009-04-09 06:31 | 世界のサッカー | Trackback | Comments(0)