仲間

3月21日(土)逗子上ノ山公園グランドでJr.ユースの仲間のチームである、逗葉Jr.ユースのお別れ会にうちのチームが呼ばれた。
3年生にとってはこれが最後の試合だった。
いよいよ高校生のサッカーに変わっていく。
来週には県外の高校のサッカー寮に入るものもいる。
思い出に残る一日だったと思う。

b0005596_4104116.jpg


b0005596_4105393.jpg
b0005596_495344.jpg
b0005596_411657.jpg
b0005596_4102089.jpg
b0005596_4105693.jpg
b0005596_4112240.jpg
b0005596_4114119.jpg

1960年に来日し、「日本サッカーの父」といわれたデッドマール・クラマーさんという人がいる。
釜本さんを見出し、西ドイツの皇帝と呼ばれたベッケンバウワーを育てた人だ。
もちろん川淵さんにも恩師であろう。
当時の日本のサッカー少年たちも多大な影響を受けている。

オラは1968年に高校を卒業した。
サッカー部の部室の前で同期と写真を撮った。
額に入れて実家に飾ってある。
その写真にクラマーさんのことばを書いてある。

「すばらしいサッカー、すばらしい恩師、もっとすばらしいのはサッカーで得た心友だ」
卒業生に送ります。
by gsfc_aoshima | 2009-03-21 23:02 | 横浜GSFC | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/10560395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ひったくりにあう ホームページを大幅に削除 >>