あの動物園が映画になる

オラァが好きなブログが一つある。
俳優の津川雅彦サンがお書きになっているサンタの隠れ家というもの。
実は緒形拳サンが亡くなった時にその死に様をブログにされていて、俳優緒形拳が映画そのもののようなシーンでなくなったと書いていた。
以来、けっこうジジイな津川サンだが、年なんか関係ないようなブリブリした文章が気に入っている。
こういう目標を持った人っていいなあと思ったわけでして!
家庭がどうだぁとか、孫が可愛くてなんていうよりも、今を、これからの人生をどう生きるのか、のほうが特にじじいには必要だと持っているわけでして!

だから津川サンがマキノ雅彦という監督になってメガホンを撮った、西田敏彦主演旭山動物園物語−ペンギンがそらをとぶ」はぜったい見ようと思っている。
映画そのものも実際の旭山動物園のことだから、まだ行ったことのない旭山動物園が出てくるし、なんか常磐炭坑の映画「フラガ−ル」を思い起こされる。

西田と聞いただけで面白そうだし!
津川サンそのものの人生も波瀾万丈で、お嬢さんが誘拐されたし、北海道でいろいろあったし、津川サンの想いを映画にしたといっても過言ではないだろう。

お正月に高校の同窓会に行き、還暦を迎え、第二の人生のスタートに立ったオラたち昭和24年生まれが、これからどんな生き様をし、どんな死に様をするのか、頑張るしかないと思っている。
やることいっぱいあるだいね!
そんなかたちでもいいから、目標を持って一生懸命生きるだいね!

それからもう一つ紹介したいブログがある。
オラァは筒井康隆さんの小説が大好きなんだが、彼のブログ
「笑犬桜大通り 偽文士日碌」
ブログが文庫本になっているのもなかなかいいなあと思っている。
トラックバックURL : http://aoshima.exblog.jp/tb/10159655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gsfc_aoshima | 2009-01-08 04:11 | 高尚な話 | Trackback | Comments(0)